「SDG4教育キャンペーン2021」に参加する

SDG4教育キャンペーン2021

「SDG4教育キャンペーン」に参加する4つの方法

キャンペーン期間は2021年4月1日(水)~5月16日(日)です。

キャンペーンに賛同する方であれば、誰でも参加することができます。
学校、NPO/NGOなどの市民グループ、小中校高校、大学生、サークル、企業など、さまざまな個人・団体からの参加をお待ちしています!

1.選択・投票する 政党アンケートの結果を読み、あなたが「最も賛同する」党を選んで投票してください。個人でも、グループでもご参加いただけます。
2.子どもロビイングに参加する 日本政府や国会議員に声を届ける子ども・ユースを募集します。
3.授業やワークショップをやる 世界と日本の教育の現状について、SDG4(教育目標)について知り、考える授業・ワークショップを実施する学校やグループを募集します(個人でもご参加いただけます)。実施後には報告を送ってください。
4.寄付をする キャンペーンの運営をご寄付で応援してください。

SNSをフォローしたり、拡散したり。「SDG4教育キャンペーン」を広めて応援!

SDG4教育キャンペーン公式ツイッター  SDG4教育キャンペーン公式フェイスブック

↑ページトップへ


Raise Your Voice!(声をあげよう)

ゴール4で目指している「質の高い教育をみんなに」を実現するためには、個人や民間団体による寄付や支援プロジェクトも大切ですが、より重要なのは、国が教育に予算を充て、教員を養成し、質の良い、公平な教育の環境を整える「政策」を改善することです。

途上国政府は、教育予算を増やすよう努力すること。日本も含む援助国は、教育援助-特に初等教育や女子教育、低所得国、紛争地域への援助を重視すること。そういった「政策」を実現させるためには、市民から、世界や国のリーダーたちに意見を述べ、提言することがとても大切です。

女子教育の重要性を訴え、2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんも映画『わたしはマララ』のエンドロールで「Raise Your Voice!(声をあげよう)」と呼びかけています。各地でリーダーたちに会い、「すべての子どもに教育を」と対話を重ねるマララさんのように、わたしたちも声をあげることができます。


SDG4教育キャンペーン2021

↑ページトップへ