参加者の感想

参加者の感想 北海道

北海道YMCA(北海道)

私たちの政策提言
  • 世界中の子供達が学校に通えるようになるためには教育の為だけの資金援助ds家では足りないと思います。教育だけではなく生活水準の向上も必須の課題だと考えます。戦争・紛争をなくす、貧困をなくす、就労できる場所を確保するなど、簡単に解決できないような問題が山積みなのが現状だと思います。でも、その中でも私たちが出来る事は資金援助の増額だと思います。また、教室の建設を助けるボランティアの派遣や他の国の教育機関で働きやすい環境を整えていくことも貢献できることの1つだと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 日本はいろいろな面から見て豊かな国だと思いました。当たり前のように教育を受け、仕事をし、命を脅かされる事なく生活できる。それがどんなに恵まれている事なのかということを改めて考えました。また、そうした生活の中で得た知識や能力を使って他の国へと貢献していけるような人材を育てていくことも大切ではないかと思いました。1人1人が隣の人に思いやりを持ちその輪が広がっていき、それがやがて大きな力となって世界を変えるものへとなっていくのだと思いました。

フリースクール札幌自由が丘学園(北海道)

世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 識字・ちがいのちがいを実施しました。日本は物は豊かだけど幸せと感じる人が少なく、今の生活に慣れてしまって本当なら幸せであることも幸せと感じられなくなってしまっているんじゃないかという意見が印象的でした。

恵庭市立柏小学校(北海道)

写真
私たちの政策提言
  • 日本国民から寄付を集める。世界の子供たちが学校に通えるように考えてほしい。
  • 戦争の道具にお金を使うのではなく人を助けるために使ってほしい。
  • 日本の政治家の給料は高いと聞いているので、少し世界の子供たちのために分けてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 今のままの世界は好きではない。
  • 言葉はわからないと不便だしわからないことがあっても文字を通して理解できないのはすごくかわいそう。

参加者の感想 東北

五所川原市立市浦中学校(青森県)

写真
私たちの政策提言
  • 家にお金がなくて、教育を受けられない子どもたちのために、お金を稼ぐ手段を作ってあげてください。日本の会社を貧しい地域にもっと増やして、そこで働いてもらうなど。
  • 先生の数や学校の数が足りないので、増やすための工夫をしてほしい。例えば、現地で先生と生徒それぞれに教育する。
    時間もお金も足りないのならば、「ことば」を中心に教える。
  • 日本の医療はとても発達しているので、ワクチンや医療機器を与えてください。軍事などにつかっているお金を少しでも難民の方に与えて、その人達の中で一人でも笑顔になってほしいからです。日本の医療で病に苦しんでいる難民が一人でも元気になるのであれば、ぜひ提供してほしいです。私たち日本人と同じように難民の自由に笑顔で生活できる人待っています。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界には教育を受けることができない人がたくさんいて、学校や先生の数も足りないことがわかりました。直接的に世界中の人と交流して助けることは難しいですが、中学生の私でも間接的に関わることができると思うので、おとなになってからも現在も、誰かを助ける努力をします。
  • 戦争のためにお金をつかうのは国のためだから仕方ない、というのは否定できません。ですが国のために国民の教育や人権が奪われるのは間違っていると思います。みんなで協力して、困っている人を助けてあげられればと思います。私もこれから、インターネットなどでもっと調べて、協力していきたいです。
  • 普段は当たり前のように学校に通っていましたが、文字の読み書きができること、先生がいること、教科書があることに感謝したいです。
    私も難民の人たちが1日でも早く自分たちと同じ生活を送れるよう、私たちもできることから頑張りたいです。

ガールスカウト青森県第9団(青森県)

写真
私たちの政策提言
  • ガールスカウトで募金活動を行ったり、身近なところで一人一人がリサイクル活動を行う。
  • さまざまなメディアを使って現状を伝える。
  • 今勉強できていることに感謝して、教育の重要性について学んでいく。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 学校に行きたくても行けない子どもが世界にたくさんいることを知って驚きました。教室がなかったり、勉強道具がなくても、短い時間を大事に勉強している子どもたちをみてすごいなと思いました。
  • 最初に「SDGsのうた」を見て、吉本の芸人さんがSDGsについて面白く紹介していて興味を持ちました。でも世界の現状を伝えるクイズや動画を見て、世界の子どもたちについて知り、自分に何ができることはないか真剣に考えました。
  • 教育に必要なお金を紙テープで比べてみて、軍事費のお金が多すぎて、驚きました。教育に必要なお金より、戦争につかうお金がはるかに多く、なぜこんなことになっているのか不思議に思いました。

鶴岡市立羽黒中学校(山形県)

私たちの政策提言
  • 軍事費を少なくしたらいいのにと思った。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界にはこんなに学校に行けない人がいるということが分かった。自分は幸せな状況にいる。もっと感謝しなければいけないと思った。
  • もっと援助をしていった方がいい。
  • 自分も何かできることを考えようと思う。

県北中学校(福島県)

私たちの政策提言
  • 世界中の子どもたちが学校に通えるように、支援をして下さい。必要な所にしっかり税金を活用して下さい。金銭の援助でも、物資の援助でも、どんなことでもいいので世界中の子どもたちを助けてほしい。
  • 自分の国のことばかり考えずに、世界の平和や困っている子どもたちのことも考えてほしい。軍事費にかけるお金をもっと平和のために、人のために使ってほしい。未来の担い手である私たちのことを考えて下さい。
  • お金を必要な所にきちんと使って下さい。募金活動などをして、困っている人や子どもたちに届くようにしてほしい。戦争や争いのない世界にしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 教育の大切さを知ることができた。国によっていろいろな事情があって、学校に通えないのは悲しいことだと感じた。自分達の日常の当たり前の暮らしに感謝しなければならないと思った。
  • 世界では学校に通えず、文字が読めない人がたくさんいることを知って、心が苦しくなった。自分達のあたりまえの生活に感謝しなければならないと思った。自分に何ができるかわからないが、これから考えていきたい。
  • 学校に通えて、ごはんが食べられて、字が読めて好きなことができるという、この幸せを改めて感じた。こうした暮らしができない子どもたちが大勢いることを知り、心が苦しくなった。

参加者の感想 関東

取手市立戸頭中学校(茨城県)

私たちの政策提言
  • 今,世界では教師の数が足り無いことが解った。海外で働ける教師についてテレビで放送したり講演会を開いたりして,もっとアピールするべきだと思った。
  • 私たちは募金活動をもっと呼びかけるといいと思います。なぜなら子供達が学校にいけないの,戦争が起きたり,貧しかったりするからです。もっと募金をして送金したいです。
  • 世界中の子供達が安心して暮らしていけるように学校を建てて欲しいです。少しでも安心して暮らせるには施設を充実させたり,学校をもっと建てたりなど必要だと思いました。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界には,私たちの知らない出来事が沢山あり多くの問題を抱えていることがわかりました。でも,自らその問題に立ち向かえる人もいてすごいと思いました。人ごとだと思わないで,考えていきたいです。
  • 日本のように,学校にいける日本は,すごく恵まれているんだと思った。世界には学校に行けず働いている子供達がいることを身にとどめておき,学校に行けること幸せかみしめていきたいと感じさせられる授業でした。
  • 学校にも行けず,文字の読み書きを学んでいなかったら…と自分に置き換えて考えると不安と恐怖を覚えました。だからこそ,1人でも多くの人が学校に通えるようになったらよいと思いました。

文星芸術大学附属中学校(栃木県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
私たちの政策提言
  • (1年)教育のための募金、国会で教育についての話し合い、不用になった文房具や教材を寄付する活動、戦争・紛争をなくす呼びかけをしていただきたいです。また、現地でその地域の人々の教育に対する考え方を変える講演会を開き、そこで教育の大切さを訴えていただきたいです。
  • (2年)世界で今起こっていることを、日本の人々に伝えて理解してもらうことです。実際に日本は昔原爆の被害を受けている国です。日本が復興するまでに、たくさんの外国の人達が協力してくれたので、今度は日本が協力する番だと思います。例えば安全な通学路を作るために道路を整備するための技術者を送ったり募金を呼び掛けたりすることです。
  • (3年)私たちが買った賞品の売り上げの一部を本校んで子供たちが学校に通えない国に寄付する。そのお金は軍事的なことで使うのではなく、学校を建てたり先生のお給料などにまわしてほしい。また買った商品の売り上げの一部が寄付される賞品だということがわかるようなマークをつけてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • (1年)文字が読めないと命に関わることを感じました。マララさんは自ら学ぼうとしているのに銃で撃たれるなんてかわいそうだと思います。誰にでも学ぶ権利はあると思います。少しでも私たちにできることがあれば、積極的に取り組んでいきたいです。
  • (2年)私たちの知らないところで学校に行けない子供が増えていて深刻な状況に陥ってることを学び驚きました。私たちが大人になった時にそのような子供たちが少しでも減るようにしたいです。文字が読めないと死と隣り合わせになってしまうというのは深刻な問題だと思いました。
  • (3年)今の世界では先生の少なさや子供たちの勉強の習熟度の低さが目立っているので、これから先生を増やしたりするために国際社会で協力することが大切だと思いました。一生懸命勉強して、将来次の世代の子供たちが十分な教育を受けられる未来にしたいと思います。

国際学院中学校(埼玉県)

私たちの政策提言
  • 学校に通えない人の援助をしたり、読み書きのできない人たちに無料で教えられるような、政府が行うプログラムを作ってほしいです。また、募金活動を増やし、援助にあててほしいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私たちが学校に通い文字を習うことは、当然の権利と考えていました。しかし、世界には小学校に通えない子ども、読み書きのできない大人の割合が多いことに驚き、自分たちの送っている生活はあたりまでの事ではなく奇跡的なことと思いました。
  • 自分たちのことを考えてみると、現在のところ、私たちも日本語での勉強と少しの英語しか読めない事という点で、学習の大切さにも改めて気づかされました。「世界一大きな授業」に取り組み、世界の人々への援助に対して援助額が非常に少ないのは人々の関心が薄く、募金活動に参加している人が激減しているからという事がわかりました。以上のことから、自分自身のことで精一杯になるのではなく、世界の現状を考えながら生活していかなければいけないと感じました。

東京国際大学国際関係学部杉本ゼミ(埼玉県)

  • 写真1
  • 写真2
私たちの政策提言
  • 軍事費(防衛費)よりも教育費にかける予算を増やしてほしい。
  • 高等教育よりも初等教育への国際支援を充実してほしい。
  • 日本国内でも例えば教室の冷暖房を整備するなど教育を受ける環境を整備してほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 他人に教えることの難しさを知った。教材は面白かったが、説明文が難しく、ただそれを読み上げるだけでは伝わらないと感じた。
  • SDGsは開発途上国と先進国の区別を外しているので、日本国内における教育格差問題と一緒に考える必要があると感じた(国際社会で教育支援が充分でないことと、国内の教育格差は原因が同じだと思うので)。
  • 教育問題以外にも、世界一大きな授業の方法は応用できると感じた。ジェンダーやヘイトスピーチなどの問題や障害者差別についても、自分たちで教材開発ができないか考えてみたい。

プラン千葉(千葉県)

写真
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • プラン・インターナショナルを通じて途上国の援助をしているスポンサーが対象だったが、ほとんどの方が知らないことが教材としてまとめられていた。
  • 参加者は、日本の初中等教育援助の少なさに驚かれていた。
  • 識字教材は、毎年同じ題材ばかりなのでトンパ文字(象形文字)やタイ語で書かれた小瓶を用意し、非識字者の体験をしてもらった。

千葉県立白井高等学校(千葉県)

私たちの政策提言
  • 教育が足りていない国に教師を派遣。日本の教育費用を増やしてほしい。森友加計問題は私たちからすると割とどうでもいい問題で、他にもっと審議すべきことがあるのではないでしょうか。
  • 日本の教育問題をどうにかしてほしい。待機児童が増えているから、保育士の給料を上げて、保育士になる人を増やして、教員の給料ももっと上げてほしい。日本人がもっと海外で教育援助ボランティアができるようになってほしい。
  • 世界中の子供たちに知識と笑顔を。まず、日本の待機児童問題を解決し、税の使い方を見直すべき。そして、世界の子供たちに目を向けるべきだと思う。日本は世界に頼っていないで、もっと自分たちが主張するべきだと思う。次は日本が主役になるべきだ。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 日本は経済にお金をかけすぎだから、スウェーデンのように教育や若い世代にもっと配慮すべきだと思う。世界には勉強したくてもできない子供がたくさんいるから、何らかの手段で助けられないのかなと思った。
  • 日本の識字率は世界に比べて高いことがわかった。日本が教育に関しては一番秀でていると思うので、日本の教育政策を今以上に強化して世界にこの政策を浸透させていくのも1つの考えなのではないかと今回の授業を通して考えました。
  • 貧困問題は海外のことだけだと思っていたが、日本も重要問題であると思った。

4/15事務局主催プレワークショップ(東京都)

私たちの政策提言
  • 世界の国々の基礎教育に当てるお金を増やすとともに、GPEへの拠出を増やしてほしい。
  • 表面的な支援だけではなくて、問題の根本から解決できるような支援をしてほしい。
  • 自分で行動を起こそうと思うことの出来る生徒を育てる教育を日本で行うべき。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 色々な立場の人が参加していて、意見もバラバラなので新たな視点が見つけられる。
  • 今度国会議員向けに世界一大きな授業をするので、影響力のある人、例えば国会議員に行動する一歩を踏み出すような働きかけをしたい。
  • 日本では、自分と社会問題のつながりが見えない状況や人がいることが多い。「見える化」して問題を考え、(無関心ではなくて)未関心の人々にどうやったら近づいていくことができるか考えていきたい。

東洋学園大学(東京都)

私たちの政策提言
  • 日本は途上国を援助する資金を減らしてきている。軍事費を減らして、ぜひとも世界の子供たちがもっと多く学校に通い、幸せになれるよう国民の税金を使っていただきたい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 学校に一応入っても、最後まで学校で学べない子供の率、とくに女子の割合が高いことが女子学生の印象に強く残った。女性が学校で学ぶ意義を理解するためには、自分自身が学校に通って学ぶ喜びを感じることが大切である。母親になる女性が子供のときに学校を続けることができるようにするのはとても重要なことだと考える。

学習院大学 国際社会科学部有志(東京都)

私たちの政策提言
  • 日本の義務教育課程に、国際協力に関して理解を深め、ディスカッションを重視する授業を必須項目として取り入れてほしい。
  • 途上国での教育を普及させる大前提として、社会インフラ(トイレなど)の整備に力を入れてほしい。
  • 子供たちに教育の重要性を伝え、高等教育へのモチベーションを高めるためのプログラムを実施すべき。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • テレビなどで広く「世界一大きな授業」を紹介できるとよいと思う。
  • 貧困問題を教育の視点から考えるよい機会になった。教育問題は貧困問題を解決する最初のステップだと思うので、これからもっと学んでいきたい。
  • 世界の様々な現状を知ることができ、とても興味深かった。ディスカッションの時間が特に楽しかった。

だれでも参加できる世界一大きな授業in東京(東京都)

私たちの政策提言
  • 「日本にとっていい世界」は、「アフリカにとっていい世界」ではありません。「日本とアフリカどちらにとってもいい世界」を考えてほしいです。私もそれを考えています。短期的な国益だけではなく、長期的な国益も考えてほしいです。
  • お金がなくて学校にいけない国にお金を寄付したり日本の技術を教えてほしい。理由は、いろいろな所に学校を作れば、命がけでサバンナを渡んなくていいから。
  • 社会分野の協力をもっと積極的に!!
    経済分野が得意であるのは分かっているが、他国に負けないように、もっと社会分野も頑張ってほしい。将来直接的に国益につながるのは社会分野だと思う。国益として見返りを求めるのではなく、社会分野での協力が最も分かりやすく結果的に国益となって返ってくると思う。教育・医療では特に!!
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • .今までは「学校を建てることが大事」だと思っていましたが、建てたとしても教師の給料、通学路の安全配慮など様々な視点での問題が多いと実感しました。そして、それらの問題を全て解決してSDGs4を達成するには皆の協力が必要。その中でも大きい力を握るものの協力が大事になってくる、と改めて思いました。今は国と国の間の友好関係、または対立関係といろいろな事情がありますけど、それ以前に国民のみんなへ十分な暮らしをできる環境を優先してほしいと強く思いました!
  • 全ての人が人間らしく生きていくために最も大切なことは教育を受けて、必要な知識・能力を身につけ、基本的な生活水準を満たしていることだと改めて思いました。そして、全ての人にそれを保障できる費用が存在しているはずなのに、経済やお金の面に優先されていることが、とても悲しく、悔しく思います。スモールステップですが、日本の教育現場からできることをしようと思いました。
  • 授業を受けて、自分が大学の授業を寝て無駄にしていた1コマ(3000円)があれば沢山の支援ができたと深く反省しています。また、自分にもできることがたくさんと気付けた1日だったので、これからは途上国を支援する1人として生活していきたいと思いました。

八王子市立みなみ野中学校(東京都)

私たちの政策提言
  • ・全世界の子供が、必ず安全に学校に行けるようにする。
    ・裕福な国は自分の国だけでなく、他の国の支援をする。(国どうしで助け合う。)
    ・戦争をなくし、安全、安心して暮らせる町をつくり上げる。
    ・世界中の人々が「幸せだ」と感じる世の中にする。
    ・差別をなくす。
  • ・世界各国のリーダーが集まる場で、世界中野人達が学校にかよえるようにすることを取り上げて、資金を集めてもらうこと。
    ・日本で使わなくなった使える物を、必要とする国へ送ることと、日本の中で無駄な資源を出さないこと。学校に行く必要性を世界中の人たちに伝えること。
  • ・他の国では、女性は学校に行かないで家で働けばいいという考えがありますが、それはおかしいと思います。なので男女差別がなく女性でも学校に行けるような取組をしてほしいです。日本はほとんどの人が学校に通えています。それは、政府の方々がよりよい教育をうけさせてくれるからです。今の国をこんなに豊かに平和にすることができるなら、日本の政府の方々は、他の国の人たちにもよりよい教育をうけさせることができるはずです。これからのよりよい未来のためにも、他の国の人々を助けてください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • ・日本などの先進国と発展途上国には、大きい差があることを知りました。私たちのあたりまえと違うこと・世界の貧富の差を改めて考え直すことが出来ました。私達が、今学校に通えていることは、とても幸せなことだと気づくことができました。また、一人一人がこの世界の現状を重く受け止め、今出来る事を行ってほしいと思います。
  • ・普段、当たり前のように学校へ行って、当たり前のように教育を受けている。私にとっての「当たり前」は、この授業を通して「当たり前じゃない」ことに気付かされました。これからは、世界中の人々が質の高い教育を受けられるように、自ら行動し、世の中が平等に「当たり前」を築けるよう、自分のできることをやっていきたいです。
  • ・自分みたいに学校に行けて、たくさん友達としゃべれて勉強できるということができない子供たちもいるということを知って悲しくなりました。 ・私にとってはあたりまえのことであっても、あたりまえではないことがあるのにおどろきました。これからは、学校がいかに大切かを考えて毎日真剣に授業を受けていきたいと思います。

足立区立第四中学校 第2学年(東京都)

写真
私たちの政策提言
  • 子どもが学校に通えるようになる資金集めです。他の国のことだからといって、聞き流してしまう大人が現在は多くいますが、学校に通えない子どもたちの人数や状況などを詳しく提示し、1人1人の協力で、世界中の子どもが学校に通えるようになるということを広めていってほしいです。その後であれば、多くの人が資金集めに協力してくれると思います。また、お金がなく食料を得るために子どもたちが働き、学校に通えないといくことが起きないように、食料を届けたり、生活するために必要なものを届けてほしいです。1日でも早く世界中の子どもが学校に通えるようにご検討のほどよろしくお願いします。(小松原心優)
  • この授業を実施する学校数を増やしてほしいと思います。なぜなら、800校という数は全国的に考えるととても少ないので、もっと多くの人が知ることも一つの解決策になると思うからです。(平井楓、香川明穂、小脇杏璃)
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界では小学校に通っていない子どもが多いことがわかりました。具体的な数値は見たことがなかったので、約6100万人と聞いてすごく驚きました。  日本では義務教育の間は、学校に通うことができるので、学校で学ぶことができるのは幸せなことなんだと改めてよくわかりました。このことを忘れずに、毎授業集中して、多くのことを学んでいきたいです。(小松原心優)
  • 今の私たちの生活がどれだけ幸せかを改めて実感し、世界中の子どもが学校に通えるようにもっと活動が必要だと考えました。(平井楓、香川明穂、小脇杏璃)
  • こんなにもたくさんお大人が字の読み書きができないことが驚きでした。また、字が読めないことはこんなにも困ることなのだと感じました。識字の人がもっと増えるといいと思います。(井坂、高間、梅津、小松原)

昭和女子大学国際学部国際学科1年(東京都)

私たちの政策提言
  • もっと日本に住む人々に、現在の学校に通えない子どもたちについて、知ってもらえるように、現状を発信し、共通意識を少しでも多くの人が持っている状態を作ってほしいです。1人ひとりの小さな力や強力も、多くの人が力を合わせることで大きな力になると思うからです。
  • まず、日本の教育制度を充実することです。日本は世界の中でも豊かな国といえると思いますが、母子家庭や児童養護施設で生活している子どもたちは、大学進学まで可能になっていないのが現状です。これを踏まえ、先に子どもたちの学習環境を整えていただきたいと考えます。
    次に発展途上国への支援方法の見直しです。金銭での支援はもちろん大切ですが、お金だけでは解決できない問題も多くあります。その1つが発展途上国での教師不足です。「学びたい」とい意欲を持った生徒が集まっても、教師がいなければ授業をすることも出来ません。日本から優秀な教師を国が主体となって派遣するといった具体的な策とともに発展途上国を支援していただきたいと考えます。
  • 発展途上国などで教育を受けられない子供達について多くの人に知ってもらうためにテレビ・メディアなどで取り上げる機械を増やしてほしいと思います。世界の現状を知ることによって、自分たちがどれだけ恵まれているのかに気付き、それと同時に自分たちがどうするべきなのかを考える良いきっかけになると思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私は中学生のころに約2年間インドに暮らしていました。そこで多くのストリートチルドレンを目にして、「将来はこの子たちのチカラになりたい」と、漠然ながらも思っていました。しかし、今日このような授業を受けて、力になりたいと思ってはいたものの、自分が世界の現状を全くといっていいほど知らなかったことに気付きました。子どもたちが学校に通えない理由が、家庭の資金的な問題だけではなく、教員不足だったりするのも初めて知りました。大きな目標をかかげる前に、まず現状を知ることから始めようと強く思いました。
  • 日本を含める先進国は多額の支援金を出しているのかと考えていたが、実際そんなことはないのだと感じた。また支援の方法として金銭だけではなく、私たち1人ひとりができることは身近にあるのではないかと思うようになった。一方的な支援を続けていても支援される側も受け皿だけになってしまい、問題解決に対しても前向きな姿勢にならないと思うので、解決した未来と想像しやすいような支援をしていくことが大切であると考えた。
  • 想像以上に学校に通えない子どもや、字が読み書きできない人口が多くて驚きました。その現状に対して何が大切かどうかを考えた時に思ったことは、現地に行ったり、支援活動を行ったりすることももちろん大切だけど、1番大切なことは、世界の中で日本やアメリカなどに住む私たちのような普通に学べている1人ひとりが、少しでも多くこの現状を知り、考えることだと感じました。

立教女学院中学校高等学校(東京都)

私たちの政策提言
  • 私たちは発展途上国の子供たちともっと直接的なつながりを持つことが出来て、支援の成果を実感できる機会が増えると良いと考えています。例えば、私たちが学用品を送り、その学用品を実際に子供たちに使ってもらって、私たちに手紙を書いてもらうなどはどうでしょうか。私たちにとっては、成果があるという実感につながり、問題意識が高まるというメリットがあります。また途上国の子供たちにとっても、手紙を書くために字を学び、字を書くことや他者とつながる楽しさを知れば、継続的に学校に通うことにつながるかもしれません。学用品を送るにあたっての費用は、支援金や政府から拠出していただければと考えています。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 教育を受けることが出来ない子供たちが想像していた以上に存在することに驚いたと同時に、その状況を改善できるだけのお金も世界にはあるのだと分かりました。「質の高い教育をみんなに」という目標達成のためには、先進国が先陣をきって行動し、世界の取り残されている部分にもっと目を向けていくべきだと感じました。この「世界一大きな授業2018」を通して、教育の本質や世界のために私たちが出来ることについて真剣に考える貴重で実りの多い時間を持つことが出来ました。

東京女子体育大学 秋山エリカ ゼミ(東京都)

写真
私たちの政策提言
  • 日本の進んだITの技術を駆使し、映像配信で質の高い授業を支援が必要な国に配信する。そのために必要な電子機器のためにお金を使うのはどうだろうか。
  • 一旦システムを作れば、世界中のどんな国でも最高の教育が受けられる可能性があると考える。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 日本が多額の支援をしていることが分かった。
    それらの資金の最有効活用の方法を考える必要があると感じた。
  • 日本に生まれたことに感謝し、世界の幸せのために自分たちにできることをやりたいと感じた。
  • 日本国内に目を向けると国内でも待機児童や貧困の問題がある、それらも同時に解決できる方法はないのだろうかと考えた。

目白大学児童教育学科(東京都)

私たちの政策提言
  • 学校に通いたい、学びたいという意志がある子どもの数を把握し、必要な学校や教員の配置を検討する。また教員ではない大人でも子どもに教育できるような学習教材の開発をする。
  • 紛争の影響をうけた国や低所得国のすべての子どもが必要な教育を受けることができるように、教育分野への援助額を増やす。また経済的な援助だけではなく、技術を活用できるような自立支援を目指した援助を推進する。
  • 教員の負担を軽減し、教員を目指そうという人を増やし、日本の教育を充実させると共に日本から海外へ教員を派遣する仕組みを整えて、現地の教員を支援する。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 文字を読むことができない体験をし、識字の重要さを実感することができた。私たちの日常で当たり前だと思っていることが、当たり前ではないことを知り、もっと世界の現状を知ることが必要だと感じた。日本で教員を目指しているが、教員になったら日本の子どもたちにも世界の子どもたちのことを知ってもらい、共に考えていきたいと思う。
  • 世界のことを知ると同時に、あらためて日本のことを考えるきっかけとなった。生じている問題は異なるが、日本でも待機児童や障害のある子どもの教育、児童虐待など、考えなくてはいけない問題がたくさんある。まずは自国の問題についてしっかりと向き合う必要があると感じた。
  • はじめは、自分には何ができるだろうか、と自分の非力さを感じた。しかし、小さなことでも考え、行動することで何かが変わるかもしれないと思うようになった。この世界一大きな授業に参加することも、その一歩だと思う。考えること、実行することが大切である。教育には、無限の可能性があると思うので、教育を通して、この問題と向き合いたいと思う。

よこよんカフェ(東京都)

写真
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 興味がない人には、難しい内容と思われがですが、世界の教育を知ることで日本の教育に落とし込める部分が多々あるように思えました。学校、保護者など世界一の授業が浸透していくといいですね。

明治学院高等学校(東京都)

私たちの政策提言
  • 軍事費を削って、途上国を中心とした国々の教育支援にお金を使うこと。学校や先生をつくるためにお金を使うこと。 2.世界一大きな授業を全国のすべての学校で行うこと。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 大きくなれば字が読めることが当たり前だと思っていたけれど、そうではない人が世界にはたくさんいて、いろいろな不都合が出ていることがわかった。

Oxfam Club 早稲田(東京都)

私たちの政策提言
  • 現地に寄り添った支援をするためにきちんと現地で状況を知る。
  • 日本だけではなく各国が協力して援助を決める。
  • 教育普及だけではなく、それに必要な環境作りを行って、質の向上をあげる。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 支援漬けになってしまい、教育を受ける必要性が感じられない国も多い。そのような国民やリーダーに対して、どのように教育の重要性を伝えるかも考える必要がある。
  • 基礎教育ももちろんのこと、やる気を上げるために将来の仕事や生き方までを考えられる総合的な教育も必要だと考える。

啓明学園高等学校(東京都)

私たちの政策提言
  • 日本は、自国の利益だけを考えるのではなく、本当に現地のニーズにあった支援を行うべきである。 2. 現地調査をしているNPOなどと協力して、現地のニーズにあった支援をODAで行っていくべきである。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 援助をする側とされる側の望んでいる援助が合っておらず、非援助国の現状を援助国が理解していないことが分かった。このような援助を日本が行っていることに驚いた。先進国は、上から目線の援助をするべきではない。
    その土地の与謝や人々の良さを活かせるような援助をすべきである。
  • 会議を通して、2つ大切なことが分かった。一つは、C国の市民が願っている支援と他国の支援内容が合致していないということ。2つ目は、自国のことなのに、市民のことを理解できていないのは、現地調査などの自国を知る機会が少ないからだ。政府はもっと市民と関わりを持ち、自国の状況、需要を確認し認識するべきである。
  • 今回、C国の市民役を担当したが、A,B国の政府が援助を積極的に行い、C国をよりよくしようとしていることは分かったが、実際にC国が必要としているものを現状を把握せずに援助を行っていたのでズレが生じたのだと思った。C国には、あらゆる面(教育、産業を含む)での基盤が出来ておらず、どのようにすれば国が開発成長できるかも知らないため、そういった知識をもった人を現地に派遣するのも良いと考えた。

茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校6年4組(神奈川県)

私たちの政策提言
  • 日本から外国へ教師の派遣ができたらなと思います。
  • 消費税は日本にばかり使っているので、消費税の他に○○税みたいなものをつくって世界のためにお金を集めていただければ、貧しい国の人々も学校に行けるようになると思うのでやってみてはどうですか。
  • 国際連盟の会議の時に、他国とそのための対策を話し合ってくれませんか。軍事費を高めるのではなく、子どもたちに字の書き方や読み方を教えてあげてください。教えてくれる人がいなければ、教科書を配ってあげてください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 学校に通えない子どもたちを少しでもゼロに近づけるために、何かしら出来ることを探して協力したいと思った。
  • 日本では当たり前のことが、他の国ではそうではないことがわかった。
  • どんな人でも同じように教育は、受けるのは当たり前だと思っています。だから、そのような募金を見つけたら協力していきたいです。

鵠沼高等学校(神奈川県)

写真
私たちの政策提言
  • 発展途上国の首相と対談し、現在、どんなものが本当に必要なのか、日本国民に公式に発表してほしい。その結果で日本国民が税金として援助することができるかもしれない。
  • 図書館&フリースクールを作ってほしい。→[その国の言語の本をたくさん置く。字の表や鉛筆、紙を置いておく。]→識字率が上がる。字を教える会などを週一でやったりする。*手伝いが忙しくでも、終わったあとに、その場所に行って、学習ができたらいいと思ったから。手伝いが忙しくても両立ができる。
  • 世界中の子供に支援はして欲しいけど、そういう人達を支えようとしているボランティアの方々への協力もして欲しいです。日本政府でもそのようなことに関心を持たない人もいるかもしれないから、本当に助けたいと思っている人の言葉や行動を受け入れていくべきだと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界も貧困について、私達は知らないことが、まだまだたくさんあって、それはちゃんと知ってないといけないので、もっと耳を傾けるべきだと痛感しました。もっと理解を深めるためにも、知る機会をこの「世界一大きな授業」ように、さらに多く開催するべきだと思います。
  • クイズにあった、入学しても中退してしまう人、卒業しても教育が充分ではなく、読み書きができない大人が沢山いることが印象に残りました。その現状があり、分かっていながら大人が行動せずにいるところが納得いかないです。
  • 世界では今、どのくらいの子ども達が学校に通えないのか、なぜ通えないのか、小学校に入学しても途中で通うのをやめてしまう子ども達はどのくらいいるのかなど、もともと知っていたことと、今日初めて知ったことを合わせて、「世界一大きな授業」というものを通して色々なことを教えて頂きました。今、私たちにできることはとても小さいかもしれないけど、これが何百人、何千人、何万人と数を重ねれば、必ず世界の子ども達の手助けができると思いました。

参加者の感想 中部

オザキ(新潟)

私たちの政策提言
  • 今回、この授業で聞いたことは知らないことばかりだった。今世界で起こっていることについて、授業で知る機会があればいいのにと思った。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • ビデオでフィリピンの映像を見てびっくりした。軍事費が大きいのにもびっくりした。どうしてそんな風になってしまったのか、不思議。ゴミの山も軍事費も、初めからそんなにたくさんだったわけではないと思うので。そういう風になってしまった理由があるとおもう。

石川県ユニセフ協会ボランティア(石川県)

私たちの政策提言
  • お金のあるなしで教育を受ける権利が奪われるのはおかしい。日本国内であれば、奨学金制度を充実させ、学びたい者にはしっかり学ぶ環境を作ってほしい。
  • 国を守るのは軍備だけではない。世界の状況や他・自国文化を知り、深く考えることができる人づくりが大切と思う。すべての国の子どもたちが教育を受けられる場を与えられるよう金銭的援助をお願いします。
  • 教育を受けにくい環境にいた人が親になり、子どもの教育に関しても無関心という負の連鎖が増えてきていると思う。親への働きかけで、何か有効な手段がないか考えてほしい。教育関係だけではなく、いろいろな立場の有識者や一般の意見を聞く場を作るなどのプロジェクトを立ち上げてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 子どもたちが教育を受けるために必要な金額に比べ、世界の軍事費の大きさに衝撃を受けた。
  • 教育を受けた子どもたちが成長し、識字率も上がってきていると思うが、国によって大きな差がでてきている。すべての子どもが読み書きできる世界になってほしい。
  • 小学生に世界の状況を伝えるのは難しいが、ゲーム感覚で体験し自分自身におきかえてみることができるプログラムで良かった。

都留第二中学校(山梨県)

私たちの政策提言
  • 軍事費に比べ、ほんの少しのお金で世界が変わるとしたならば、日本がその先頭に立ってもらいたい。世界の子どもは他の国の子どものことで日本は関係ない、という国にはなってほしくない。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 今回、世界のいろいろな子どもたちの生活についてよかった。私たちが出来ることはたくさんあるので少しでも生活を豊かにしてあげたいと思った。
  • 私は「遠い国だから関係ない」と思っていました。今になって考えると日本も他の国の人々も関わっていることだと感じました。私はすごく関心をもって少しでも力になりたい。

あいち国際理解教育ステーション長野ブランチ(長野県)

写真
私たちの政策提言
  • それぞれの国に、その国用の教科書を送る。(小学校1,2,4年生より)
  • 国会議員を減らし、浮いたお金を低所得の国の教育支援にまわしてほしい。(大人1のグループより)
  • 1人でも多くの日本人が、困っている現地へ出向き、積極的な協力や交流を図れるようにしてほしい。(大人2のグループより)
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界に読み書きができない人がたくさんいることが分かった。(小学校1,2,4年生)
  • より多くに人に、世界の現状をを知ってほしと思った。無関心でいてはならない。その為に、自ら世界の現状を発信し、目をそらさず行動することが大切と感じた。
  • 世界の現状を知った今、親としては子供が日本に生まれてよかったとあらためて感じた。また、このようなワークショップの場で、自分の価値観、視野だけでなく色々な人の考えを共有していくことが大事と感じた。

KIDS CONFERENCE(静岡県)

  • 写真1
  • 写真2
私たちの政策提言
  • 国連のような組織ではなく、国家の上部組織として世界政府を設立し、貧困を効率的に管理すべき。
  • まずは子供達が学校に通えるようにするための社会構築に貢献すること。例えば、今を生きることが精一杯の人々の立場に立って社会全体を考えることが大切である。
  • 学校とまではいかないが松下村塾のようなものをつくり、1日・1時間・1分でも勉強する時間が取れるような環境づくりをする。日本のためにできることもやりつつ、世界の子供のことも考えてみてください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界中には6100万人のこどもが学校に通えていないことを知りました。僕はそのような人たちもいることを普段から考えて学校に行きたいと思いました。
  • 学校が絶対に必要という前提で考えていましたが、本当に全員が学校に通いたがっているとは限らないのかもしれないと思いました。今、世界で目指しているものは何なのか、それがいまひとつわかりません
  • 私たち自身に、教育を受けることができない子どもたちを考える教育が必要だと思います。

扶桑中学校(愛知県)

私たちの政策提言
  • たくさんのお金が軍事予算に使われていることに驚いた。少しでも多くのお金を教育に使ってほしいと思います。
  • 学校に通うことができない子どもや文字が読めない人のために、国がもっと支援したらいいなと思いました。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 文字を読めないことで命をなくしてしまう恐れがあるということを知り、一人でも多くの人が文字を読めるようになって欲しいと思いました。また一円でも募金することが人を救うきっかけになることが分かり、積極的に募金に参加したいと思いました。
  • 世界のそれぞれの国の人が学校に行けなくて、授業を受けることができないことを真剣に考えて、一つでも自分ができることに取り組んでいきたいと思った。たとえば、エコキャップを集めたり、世界の現状について勉強したりする。
  • 世界には学校に行けない人がたくさんいると分かった。学校に行ったり、文字が読めることは当たり前ではなくて、学校で勉強できることに感謝しようと思いました。

豊田大谷高等学校(愛知県)

写真
私たちの政策提言
  • 少しでもいいから無駄な支出を減らして発展途上国への援助を増やし、学校建設、教師の育成などを行う。
  • もっと世界の国々が話し合って戦争をしないようにして軍事費にお金をかけないようにする。そうすることで学校に通えない人たちにお金を回す。
  • 貧困と教育問題についてのフェスティバルを開き、多くの人に関心を持ってもらい募金やボランティア活動を呼びかける。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界には経済的に貧しく教育を受けられない人々がたくさんいることを感じました。貧困問題を解決するには先進国が発展途上国を支援して行く必要があると思います。
  • 11人に1人が学校に通えていないことを知って、いま私たちが普通に学校に通えていることがどれだけ大切なのか、幸せなんだと思った。
  • 文字を読めないことで、薬の瓶の文字の意味が解らず人を死なせてしまうかもしれないと思うと怖いです。お金持ちの子には学校に通え、そうでない人たちは学校にいけないというのは不平等だと思いました。

中部BQOE研究会(愛知県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
私たちの政策提言
  • 教員の質の向上のために、教員の給料のアップし、教員を増やしてほしい。
    世界中の勉強をしたいと思っている子どもたちが、その質の高い教育を受けて、未来の幅を広げられるようにしてほしい。
    また、そのためには親に「教育の大切さ」を知ってもらう必要があるので、親の世代に子どもに教育を受けさせる利点と教育によってもたらされる明るい未来を描けるようにしてほしい。
    学校までの道のりが遠かったり危険だったりして通えないという子どもたちもたくさんいるので、通学路を整備したり、新しく学校をつくったり、通えない子のために寮もつくったりしてほしいです。
    また、障害があり通学が困難な子どもたちのために、車椅子を支給してほしい。
  • 一部の人たちの協力だけでは世界を動かすのは難しい。だから、中学校や高校で世界の教育事情に関心を持てるような授業や考える機会を増やすべき。
    ランドセルや、文房具など、使ってなくても、発送するお金がかかりすぎてできない。その送料などを国で負担するとリサイクルにもなるし、資源を無駄にすることもない。他にも、教科書の使い回しなどをすれば、物を大切にする心も身につくし、余分に印刷しなくて済む。
    将来、世界で活躍する人が増えるよう、世界中の子どもが学校に通えるようにするためにも、保育園や学校教育の質を上げて子どもを大切にする社会を作っていって欲しい。
  • 途上国の先生に授業の仕方を教える仕組み・制度をつくってください。また、子どもには教育を受けさせなくてもよいと思っている親たちに教育を受ける大切さを伝えるキャンペーンを行ってください。
    軍事費よりも、途上国の支援、とくに教育支援にお金を使ってください。教育を通した人材育成を、国内・海外ともに充実させてください。そして、国民に何に税金を使っているのかを知らせてください。
    人的交流を進め、各国と友好関係を広げていくことが紛争や戦争を回避する一番有効な手段だと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界のことに興味がある人たちが集まった場で、たくさんの意見を聞くことができて視野が広がったし、自分が知らなかった現状を知ることができて、もっと知りたいという興味につながったので、とても良い経験になりました。意見を上げることに加えて、私たちが次は大人になる番なので、今日取り上げたような意見を将来反映できるような大人になろうと思いました。また、どうすればみんなの意見が反映されるかが大事だと思うので、仕組みについても学ぼうと思いました。
  • ・自分では考えを持っていても、その考えを人に伝える機会は少なかったり、伝えにくかったりするので、こういう場がもっとあったらいいなと思いました。部活動だけじゃなく、学校、企業、社会全体でこういう活動が多くなれば、世界の人々がもっと充実した生活が送れると思いました。
    ・実現できそうな案をたくさん知れて、いろんな人に伝えていきたいと思った。また、学校でも、たくさんの人と協力してたくさんの人を救うような活動ができるかどうかを話し合いたいと思った。
  • ・普段学校で自分の意見を言う場がないので、今回こういう立場で自分の意見を言えてよかったと思いました。お互いに意見を交換し合うことで、自分の見えてる世界が広がると思うので、また参加したいと思いました。
    ・一番は軍事費の多さです。テープの長さで視覚的に見ると、多すぎだなって思いました。少しでも教育などに回せば、本当にたくさんの人が救われるのにと残念に思いました。
    ・たくさんのことを知れて楽しかったです。学校では話せないことが話せませた。学校のカリキュラムにもこういった話し合いの時間を設けてほしいと思いました。

光ヶ丘女子高校(愛知県)

私たちの政策提言
  • 世界の軍事費がものすごく高いので、そのお金を貧しい国の教育費に使うように、もっと他国に呼びかけてほしい。先進国同士でも協力し合ってよい関係を保ってほしい。
  • NGOと協力してよりよいODAの活用法を考えてほしい。高校生でも海外援助ができるような制度を作ってほしい。
  • 援助する側とされる側がもっと話し合いをして、必要なものを確実に援助するようにしてほしい。国内の建物などを無駄に豪華仁しないで、その分を世界のために使うようにするとよい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界には教育を受けられていない子供たちがたくさんいる。その子供たちがよい教育を受けられる環境を作ることで、世界全体の発展につながると思う。
  • 日本の海外の教育に当てる援助の額が少ないので、援助額を増やすなど、もっと日本にできることはたくさんあると思う。
  • ただお金を渡すだけでは、援助される国の改善に必ずしも貢献できないことがわかった。もっと援助する側とされる側でしっかり話し合いをする必要がある。

愛知淑徳大学小島ゼミ(愛知県)

私たちの政策提言
  • 世界の子どもたちへの教育の実態について日本の人々にもっと強く知らせてほしいです。私たちは自分の行きたい学校へ行き、教育を受けることができます。しかし、世界には難民である、お金がない、学校がないという理由で教育を受けられない子どもがたくさんいます。
    私たちの生活の中では、そういった国の大人あるいは子どもの現状を知り、自由な未来を与える支援の為にも、政府の手により広く知ってもらう活動をすることが大事ではないかと思います。
  • 資金はもちろんですが、世界中の子どもの教育の現状を詳しく知っていただきたいです。そうでないと、支援もうやむやな状態になっていくと思うからです。NGOさんなど世界中の子どもの教育の支援をされている方と連携していくことで、政府だけの負担にならないですし、この支援のことが国民に伝わって、より多くの人が関心を持つようになると思います。政治家がもめる会議ではなく、一つの権利を守るための会議を開いてほしいです。
  • 教育にかけるお金を増やしてほしいです。国が豊かになるには人が豊かになることが大切です。そのためには知識が必要です。日本にいる在日の方や海を渡って知り合うことのない子ども達にも豊かになる権利があります。
    人なくして国はありません。その“人”を育てることにもう少しスポットをあて、根気よく力をかけてほしいです。
    しかし、私たち一般庶民には国を動かす力も、大きな影響を与える発信力もありません。ですから、国に動いてほしいのです。国が動くことによって人が動き、世界が変わります。恵まれていないと感じている子ども達を救ってほしいのです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • あたりまえにかんじている学校に通うことや自分の意志で好きなことをやれるというのは、国が違うだけで環境が違うだけでなにもかもがあたりまではないということに改めて気付くことが出来ました。まだ実感できてない部分や自分にはない価値観や考え方を持っている子ども達がいるということを知ったので、少しずつ勉強して小さいことでもできることをしたいと思いました。
  • 日本が恵まれている国だということを再認識しました。全員が同じ年齢から教育を受けられるし、男女で学習する内容に差別もないことは、私たちにとってはあたりまえだけれども、一歩外へ出れば有り得ないことだということも分かりました。また、識字率に関するクイズでは、字が読めないとはどういったことなのか体感しました。私たちは知識として文字を知っているけれど、まずそれが文字なのかも分からない人がいるのはよく考えれば怖いものだと思いました。
  • 自分ができることが大切なのか、国としてできることが大切なのかが悩んだ部分でした。友だちの話を聞いて、できることの中にもプロセスがあることに気付きました。できることはたくさんあるけれど、それを実行することが一番大切だと思います!

だれでも参加できる世界一大きな授業in名古屋(愛知県)

写真
私たちの政策提言
  • 教育の平等を求める教育を実現してほしい。教育力が経済を支えるため、まずは教育の充実をしてほしい。
  • 日本でも国際理解教育の充実をしてほしい。知識や考え方を育て、未来に繋げていく必要がある。
  • 日本にメリットを生むための支援ではなく、もっと大きな視点(途上国の教育支援や自国の自立を促すシステム作りのような支援)で人びとの生活を向上させるかたちでの支援をしてください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 軍事費のテープが印象に残った。4日分で教育費が賄えるのをもっと世界の人が知った方が良い。

弥富市立弥富北中学校(愛知県)

写真
私たちの政策提言
  • ODAの資金援助をもっと途上国の教育のために拠出してほしい。低所得の国への支援金の配分を増やしてほしい。
  • 質の高い教育がどの国の子どもたちも受けられるように、もっと教育への資金援助を増やしてほしい。ジェンダー教育を広めて、女子にも平等に教育を受けられるようにして下さい。
  • JNNEの4つの提言を実現してほしい。そのために、軍事費を減らし、その資金をGPE基金に充てる。政府全体でのSDGsに対する理解を深めることをすべきだと思う。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 日本も戦後は世界から支援をしてもらっていたので、今までの恩返しをする気持ちで支援活動に参加していきたい。と感じました。軍事費に充てる資金が多いので、そのお金を世界の途上国への支援に充てたいと思いました。
  • ロールプレイで、実際に「途上国」の人になってもて、援助国の主張に対する疑問点などがよくわかりました。また、今回の授業へ、日本の援助の実態を少し知ることができました。もっと国際貢献ができる国になりたいです。
  • 今のままの政策では、2030年までにSDGsの目標達成は難しいと考えます。だから、これからも自分たちができることを見つけて活動していこうと思います。今日の授業をわたしたちの未来に生かし、世界が平和になるように努力していきたいです。

愛知県立一宮商業高等学校(愛知県)

私たちの政策提言
  • 教育に対する援助を増やしてほしい。特に現地の教員を育成する資金を充実させてほしい。
  • 援助したお金をきちんと不正なく使用してほしい。
  • 自国への見返りを求めない、純粋な援助を増やしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 大変興味深い教材で、生徒も飽きることなく学習に集中していた。特にアクティビティ5の「ちがいのちがい」は、高校生の考えを揺さぶるのに適した内容であった。
  • 単発の授業では、導入の部分から一気にまとめに入っていかなければならず、強引な授業展開になってしまった
  • イベント的な授業で終るのではなく、今後も継続して教育を続けていきたい。複数の教科が共同して「世界の教育事情」をテーマに授業実施できるとなおよい。職場の先生方にも仲間を増やしていきたい。

愛知県立千種高等学校(愛知県)

私たちの政策提言
  • 国単位ではなく日本の市町村と発展途上国の市町村で姉妹都市提携のような形で教育・自治・経済などの面で知識をシェアしたり、支援したりするシステムを作って欲しいです。たとえば、地域内の交換留学、日本の企業と現地の方々の合同で学校などの公共施設を建設したりインフラを整えたり、互いの地域の特産物や伝統工芸品などを販売し合うなど。ただ助けてあげる・助けてもらう関係ではなく、お互いに平等な立場で共に助け合い・高め合う、上下のない関係を築くことで、貧困地域に結果的に支援でき、良い循環を生むことができます。
  • ・日本で現地の先生の育成をする。現地で教える日本人の先生を育成する。そして、ボランティアとして現地に送る。
    ・学校で、たとえば午前中は働いて午後から授業を受けるというようにお金を稼げる時間を作る。将来働く際の勉強にもなる。
    ・学校を増やす。生徒の家に集まって、そこに先生が赴き授業をするなど、形式にとらわれない。
    ・中古車を送って、スクールバスのように使ってもらう。
  • In order to help solve the educational problems, it would be a good idea to provide children in developing countries with devices with which they can have and participate in virtual classes. By doing so, the burden on teachers will get small.
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 仮想の発展途上国の状況から、国の政府の目が届いていない首都から離れた貧困地域では細かくどのような状況でどんな支援が必要か、ニーズを知りそれぞれの地域にあった支援活動が必要だと感じました。また相手地域とより親密なコミュニケーションをとり、より深い相互理解をすることが大切だと思いました。日本が今後アジアの他の国だけでなく、アフリカの国々とも国交を深め支援を充実させることを考えて欲しいと思います。
  • 一人一人が国の代表になって考えることで、それぞれの国の経済状況や政治体制が違う中で、一つの目標に向かってみんなで考えを一つにして解決策を出していくことがとても難しいことだと実感した。国連などでは外交上の思惑や勢力差なども複雑に絡み合ってなおさら困難だと思う。私も外交や国際問題にとても興味があるので、日本がこれからどのようにしたら国際社会で重要な立場で率先して活動していけるのか自分なりに考えていきたいと思いました。頑張れ日本!
  • We came up with some ideas, but it’s hard to realize them. If we could carry them out, the world would be better than it is now. We want to know what is preventing us from solving these problems. Taking this workshop was a good opportunity for us to think about and discuss these problems.

小牧市立村中小学校(愛知県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
私たちの政策提言
  • 募金活動をして、集まったお金で学校を作れたらいいと思います。
  • 動画で見た所に住んでいる国にも学校をたくさん作ってほしいです。また、体の不自由な人でも、貧しい人でも通える学校があったらいいなと思いました。
  • 日本の学校でも、先生の数を増やして、子どもたちに勉強を教えてあげればいいと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界には学校に行きたくても通えない子どもがたくさんいることを知りました。また、大人でも文字を読んだり、書いたりできない人がたくさんいることを初めて知りました。
  • 学校に通えないのはかわいそうだと思いました。インドでは、町にやって来るバスの中で子どもが勉強している様子を見て、日本では考えられないので、びっくりしました。
  • 今日分かったことは世界には私たちのように毎日学校に通えない子どもがいることです。私は自分には関係ないと思わず、こうして毎日学校に行けることに感謝したいと思います。

参加者の感想 近畿

洛南高等学校附属中学校(京都府)

私たちの政策提言
  • 大人の人たちに、教育の大切さを解かねばならないと思う。
    「学校に行かなくても良い。女の子は教育を受けなくても良い」と考えて、子どもを学校へ行かせない親たちに対して、教育の大切さを解くことです。確かに、貧困から学校に行けない子どもたちへの授業料の無償化、一部免除を行うことも大切で、行わなければならないけど、前述したような考えを持った大人がいて、子どもが学校へ行けないという事態が起こっていることも事実だし、大切さを解けば、現地の人々も何か対策を打たねば、と自ら何らかの行動をとりだすかもしれない。
  • 国会で教育についてもっと話し合うことです。議員の不正や、与党と野党の国政から外れたような論争をしている時間があるなら、他にすべきことがあると思います。国を動かしたい、と思ったから政治家になられたのではないですか?他の人を消して自分がトップに立とうとするのではなく、皆で何かを変えるという目的を統一して議論をしてほしいです。まだ、知識も力も経験もないわたしたちには、本当に政策を考えるということができないと思います。でも、誰かの役に立ちたいという思いは持っています。その気持ちを「政治のプロ」である政治家の方に思い出していただき、本気で話し合って新しい行動を起こしてほしいです。
  • 国のお金を貧しい国の学校の建設や運営の支援金にしていただきたいです。勉強をしたいのに家が貧しくて働かなければいけないので学校に行く時間がない子どもや学校まで何時間も歩いて行かなければならず、その道も決して安全ではないという子どもが世界にはたくさんいます。子どもたちはそれによって夢を奪われるのです。私たちはそんな子どもたちの夢を守らなければなりません。そのために私はより多くの学校と子どもたちが安全かつ楽しんで勉強に取り組める環境が必要だと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 僕は「世界一大きな授業2018」を受けて、改めて教育を受けることも大切さを知りました。世界には字が読めない人がいるということにも驚きました。これから僕は「教育」の重要さを心に刻んで勉学に励み、そして教育を受けられない人たちに何かできることがあれば積極的にしていきたいと思います。
  • 日本は世界のいくつかの国々に比べると、教育が行き届いていると思っていました。しかし授業を聞くと、それは大きな勘違いだということが分かりました。日本の中にも様々な理由で教育を受けられなかった、受けられていない人が少なからずいるということを知りました。義務教育は”義務”とついているのに、全員が受けていないのはオカシイと思います。また、この現状をどうすべきか考えることが必要だと思いました。「世界一大きな授業2018」を受けて、私は以下自分が当たり前のように学校に通えていることは、当たり前のことではないのだと、自分がどれほど幸せな状況にあるかをすごく実感しました。
  • 世界には、私たちのように、教育を受けたくても受けられない子どもや文字が読めなくて困っている大人がたくさんいることを知った。学校に行くのが当たり前で、いやになるくらい勉強させられる私には創造できません。私も、もし学校に行っていなかったら、文字が読めなかったと思います。なので、世界中の子どもたちが私たちに用に良い宇教育を平等に受けられる世界になれば良いと思います。どの国に生まれても、みんな共同であるべきだというのが私の意見です。

同志社中学校(京都府)

私たちの政策提言
  • 防衛費を減らし、世界の教育のために使ってください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 自分たちがとても恵まれているが、世界には学校に行けていない子供たちがたくさんいて貧しさから抜け出すことができない。

京都市立二条城北小学校(京都府)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
私たちの政策提言
  • 戦争をしたり,ミサイルなどを買わないよう,他の国に呼びかけてほしいです。
  • マララさんのように,女子が強制的に結婚させられたりして,苦しんでいる国を助けてほしいです。
  • 戦争を8日間やめて,そのお金を教育に使うように,外国に伝えてください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • およそ6100万人の子どもが小学校に通っていなかったり,途中でやめてしまう小学生がいるということが驚きました。
  • すべての子どもが高校まで通えるために,すぐに戦争をやめたらいいと思います。
  • マララさんが中学生ですごいことをしているのがびっくりしました。

大阪産業大学(大阪府)

写真
私たちの政策提言
  • 世界中の子どもたちを助けるために、どのような工夫をすれば良いと思いますか?
    ・思いつかない
    ・節電、節水を心がけるなど小さくても自分にできることをする
    ・このことをもっと多くの人に知ってもらい、いろいろな活動に協力、参加していく
    ・自分が新たに活動を起こせないなら、今ある活動に参加していく
    ・募金活動による支援
    ・節電や節水をする
    ・彼らに教育できる学校を建てる
    ・節電とか自分ができること小さなことからはじめる
    ・世界の現状を知り、一人ひとりが自覚ある行動、発信する
    ・学びをできるという感謝とそれを広めるためのグループを多くつくる
    ・募金活動をして支援する
  • この授業を受けてあなたはどのような行動をしますか?
    ・これまでと同じような日常を過ごす
    ・世界でどのような行動が取られているかをもっと詳しく調べる
    ・この話を友達などと話しをしてみる。議論していく。調べてみる
    ・他人事のように無視せず、問題に向きあっていく
    ・コンビニなどにある募金箱や募金活動している人のところに募金する
    ・ユニセフなどに募金をする
    ・言語の勉強を始める(コミュニケーション)
    ・ちょっとした募金などする
    ・募金を少しでもする。どのような活動があるかを知る
    ・もっと世界というものに視野を広げ今後どのようなことができるか考える
    ・小さなところから子どもを助ける募金などをする

大阪府立今宮高等学校(大阪府)

写真
私たちの政策提言
  • 学校保護宣言をすべての国で!
    (日本も加入を。そして他国への呼びかけもしてください)
  • 世界中に支援教育の現場も増やしてほしい。
    (障害や病気で学習が奪われない社会にするための教育援助を増やしてほしい)
  • 戦争が始まるきっかけを作らない
    (戦争や紛争が起きないように、防止のための施策・支援を考えてほしい)
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 「ちがいのちがい」で「あっていい」「あると危険」という表現が難しく感じたので、SDGsの説明も入れて「2030年までになくしたいちがい」と「残っていてもOKなちがい」という形でやりました。昨年より理解が深まった感じです
  • 以前から気になっているのですが、より厳しい現状について学ぶことは大切ですが、子どもの貧困問題がこれだけ広がり、社会問題化している日本で、「豊かな日本ができること」的な問題のとらえ方はズレてきている気がします。

大阪大谷大学(大阪府)

私たちの政策提言
  • 政府は見返りばかり求めないで教育援助を進めるべきである。
  • 世界中の子どもが学校に通えるように日本政府に呼びかけたい。一人で呼びかけるのではなく、より多くの人、子どもたちとともに呼びかけたい。
  • 国際交流の場を増やして、国際的な理解を深めるようにしてほしい。これからの日本をつくっていく若者が世界の課題について知ることが大切だから。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 軍事費に使っている185兆円を学校にあてることができたらいいのにと感じた。世界で争いがなくなって平和がくれば子どもたちの負担も減る。大人のケンカで幼い子どもたちが命を落としたりすることに腹が立つ。
  • 軍事費を教育に振り分けるべきだ。軍事費が減れば戦争になる可能性も減るのではないか。
  • 世界で教育をうけられない子どもが6100万人。驚きと悲しみでいっぱいだ。子どもが教育を受けられない原因は多様なので、一つずつ原因究明をしなければならない。

大阪国際大和田中学校(大阪府)

私たちの政策提言
  • 学校を建ててほしい
  • 募金する場所を増やしてほしい
  • 文房具などを送って支援する
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 自分たちが何もしないのは無責任だ
  • 自分たちがとても幸せだと感じた
  • 自分たちに何ができるか深く考えることができる授業になった

大阪教育大学附属高等学校池田校舎(大阪府)

私たちの政策提言
  • 教育を受けている私たちが教育の価値を正しく理解し、それを広めることが大事である。先進国、文明人である誇りを持ち、即刻武器を捨てて子供たちを救えるように努めること、大量消費、浪費をやめて支援することが必要だと感じた。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 今の自分の生活からあまり考えられないような現実が世界にはあるんだなと感じた。識字率の低さにも驚いたし、学校にも行けない人がこんなにもいることに驚いた。2030年までに叶えられるのならこの取り組みは成功してほしい。
  • 自分が生きている環境はとてもぜいたくで、でも苦しい人を救えない無力さを改めて痛感した。全世界の人が思いやる心を持てたら軍事費も少なくでき助け合えるだろうなと思った。
  • 教育は今後の世界を明るいものにするための最大のツールだと知った。1年間の教育で将来10%ずつ収入が増えるということが印象的で日々自分たちが嫌々している勉強に意味を感じもっとありがたく思おうと思った。また、それを情けなく思った。

大阪府立松原高校(大阪府)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
私たちの政策提言
  • 私たちを世界へ連れていってください。もっと自分の目で世界を見て、出会いの輪を広げたいです。海外の人の暮らしの様子を知ったり、一緒に過ごして、互いのことをもっと知っていくことができるような政策を作ってほしいです!
  • 日本を始めとした豊かな国が、出せる分だけでいいからお金を出し合う必要がある。難民の受け入れ、もっとしてもいいと思う。日本のTVのニュースで、もっともっと世界のことについて報道してください!!とても見たいし、知りたいです、世界の現状を!
  • 世界の現状を知る機会がほしい。自分たちが知ることができれば、家族や友人に広めることができる。今も様々な支援団体があるが、私達はその多くを知らない。高校生が目にするYoutubeやテレビの広告などで広め、若者が知る機会を増やしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • なぜ軍事費8日分で、世界中の子どもが1年間学校に行けるということがわかっているのに、通えていない子どもがいるのかわからない。それが強く疑問に感じた。変えようと思っている人はたくさん要るけど、あまり変わっていない現状があるということで行動しないと何も変化しないんだと感じた。
  • 私達は毎日当たり前のように授業を受けていることの大切さを気づかされました。学校行くのしんどいなと思うことはあるけど、学校に行けない人がたくさんいるので、大切にしなければいけないと思いました。
  • 机の上で考えるだけじゃ答えは見つけられない。この授業を受けて、もっと世界のことを知りたいから教室の狭い区間以外でも学びたい。まずは、日本の現状をしっかりと知ることから。私は自分の目で、自分の足で確かめる。自分たちが今日学んだことを近くの人から広めていこう!

大阪教育大学附属高校池田校舎(大阪府)

私たちの政策提言
  • 実際に現地へ行って、現地の人々の声を聴かなければ、本当に相手が必要としている支援はできない。お金の使い方、支援の方法をしっかりと現地の目線で決める意識を高めてほしい。
  • 援助する側と援助を受ける人々。援助を受け取る国の政府と国内の人々。本当に援助を必要としている人々に届く支援の方法を考え、私たちも協力したい。私たちにできないことは、できる立場のおとなを信頼して。
  • 豊かな国は、それぞれ「基礎教育の支援」「高等教育の支援」「障害を持つ子どもの支援」のように、分野ごとに分かれて支援できるようにしたら、より深く考えて、より確かな支援をすることができるのではないか。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 男女の差が気になった。偏見は無くすべきだ。女子にだって教育を受ける意味はあるのだ。女子が教育を受ければ、家庭が変わる。子どもに対する教育が変わる。そして子どもが変わる。
  • まず知ること。状況を知って、そこから対策を考える。課題がたくさん出てくると思うけど、一つずつ丁寧に向き合っていくべき。選挙に行って投票したり、手紙や電話などで議員に意見を言いたい。
  • 募金する時は、事業内容をよく見て、本当に必要なのかどうかを考えてからしたいと思う。信頼できる組織かどうかを判断することが必要だと思った

大阪府立佐野高等学校2年8組(大阪府)

私たちの政策提言
  • 日本の子どもたちに世界の問題を知るための機会をもうけてほしいです。
  • 予算を教育費に回してほしいです。
  • 単にお金を出すのではなく、人の声に耳を傾けるということをしてほしいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界というと自分たちから遠いものにとらえがちだけど、自分たちの一人ひとりが世界の一員なんだなと思いました。
  • 自分たちには関係のないことやと思っていたけど、めっちゃ関係があってちゃんと考えないといけないと思った。
  • 国は違っても同じ授業を受けている人が世界にいることに対して不思議な感じがします。

大阪府立佐野高等学校2年9組(大阪府)

私たちの政策提言
  • お金を世界の子どもたちの教育費にまわしてほしいです。
  • 世界中の全員が同じように教育を受けられるようにしてほしいです。
  • 軍事費を極力減らして、教育支援金に変えてほしいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • この授業で知ったことを知ったで終わらせるだけでなく、これから誰かに話したり、伝えていけたらいいと思います。
  • 一人が小さなことをしてそれをみんなに広めてすると、小さなものでも大きなものになるのでとても良いと思った。
  • 世界についてもっと考えたり、調べたりすることが多くなりました。

八尾市立桂中学校(大阪府)

世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 軍事費をなくすと世界が平和になって、世界の子どもが笑顔になると思う。
  • 世界の国が、争いをなくして、他のことにお金を使えば、世界の人がゆたかにくらせるんじゃないかと思った。
  • 文字の読み書きができないと、こまる時がある。だから、文字の読み書きは大事だと思った。世界には読み書きができない「大人」が7億5000万人もいることを聞いてびっくりした。 軍事費の金額はとても高いと思った。

神戸市立神港橘高等学校(兵庫県)

私たちの政策提言
  • 少子高齢社会になり高齢者にかかるお金が増えるのは仕方がないことですが、だからこそ多くの若者に対して、より良い教育が受けられるようにすべきではないかと思います。世界中に教育を受けられない子どもたちを支援するのもいいことで、先進国としてしなければならないことかもしれませんが、まず日本の教育を見直すべきだと思います。家庭の経済的事情により、成績がよいのに大学へ行けない人や、奨学金という名の借金をしてまで大学へ行く人が年々増えています。共働きなのに子どもを大学へ行かせてあげられない家庭も多く、親世代の問題もあると思います。日本の教育費の使いみちを今一度考え直してみて下さい。
  • 世界を見れば小さな悩みだと思われると思うが、お金が足りず進学をあきらめざるを得ないという状況があるということを考えてほしい。学ぶ権利があるのに、学ぶ環境がない。それは学ぶ権利を奪っているのに相当する。ただただ消費税を上げるのではなく、しっかり取り組んで学ぶ権利を尊重してくれる国になってほしい。
  • これから将来を担う若者が教育を受けられないというのは、どうなのだろうか。お金がないために学ぶことをあきらめるということがあっていいのでしょうか。私自身お金がないために大学へ行くことをあきらめました。学歴社会と言われているのに、学校へ通えない人がいる。それはどうなのだろうか?
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界中を見てみると鉛筆をもたず銃をもっている子どもがたくさんいる。日本は教育費の公費負担割合は13%しかない。スウェーデンでは80%以上になる。確かにスウェーデンは消費税が高い。でも日本も10%になろうとしているが、上げた分のお金は何に使用するのか?消費税は皆が平等に負担するものなので、それを何に使うのかはっきりしないと、国民の不満がまた募ることになる。
  • 2年前、アフリカの子どもたちのことを勉強して、可哀想だなと感じていましたが、北欧から見たら日本人も可哀想だと思われるのではと感じました。
  • 自分にもすごく身近な話でびっくりしました。学校へ行くのが当たり前で軽い気持ちで「休もうか」とか思うけれど、学校に行きたくても行けない子がいて、今普通に学校に来れているのがすごく幸せなんだと改めて思いました。同じ子どもとして、小さな力かもしれないけれど、世界中の子どもが学校へ行けるように、この世界一の大きな授業で進めていけたらいいなと思いました。

神戸市立摩耶小学校(兵庫県)

私たちの政策提言
  • 軍事費が多すぎます。もっと教育に援助して下さい。国同士の問題を、話合いで解決してほしいです。そして、争いを無くし、軍事費を減らして、その減らしたお金を教育費に回してほしいです。早く、世界を平和にして下さい。
  • 学校に通えない子供や、読み書きができない大人の人に、教育できる人を探して、教えられるようにしてほしいです。そうすれば、その子供たちが大人になった時、次の子供に勉強を教え、先生が増えるから、学校に通える子供が増えると思います。
  • 戦争などで夢を失っている子供たちを、「東京オリンピック」によんであげてほしいです。スポーツを通して夢を与えたり、交流したりする機会を与えて、世界中の交流を深めればいいのではないでしょうか。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 学校に通えない子供たちが世界にたくさんいるのにも関わらず、私達は「学校に行きたくない。」などと言う発言をしてしまっていました。その子たちの分も一生懸命勉強することが、私達のやるべきことだと思いました。大人になったら、その子供たちを支えられる人になりたいです。
  • 自分達はとてもぜいたくにくらしていると感じました。学校に通うことは当たり前だと思っていたけれど、世界にはたくさんの子供たちが学校に行けないと知って、びっくりしました。
  • 軍事費にはお金をかけているのに、教育に必要な援助にはあまりお金がかかっていないのが悲しくなりました。人はみんな生きたいと思っているのに、なぜ戦争をするのだろうと、疑問がわきました。

奈良市立一条高等学校(奈良県)

私たちの政策提言
  • 日本国民に学校に通えていない世界の子供たちの現状やNGOなどの団体の活動を広く知ってもらい、お金や物資を集めたり、寄付できる環境を整える。
  • 国民の関心を高める取り組みとして、学校の授業で世界中のすべての子供が学校に通えるにはどうすればいいかを考える学習を、義務的に取り入れるようにする。
  • 無駄な予算を削減し、そのお金を留学の支援に使い、外国で教えられる教師の数を増やして現地に派遣する。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界は全く平等ではなく、国と国との間で差が大きいことを知った。自分たちが幸せで普通の生活を送れている分、周り(他国)のことを考えられていない。
  • 世界には自分たちが想像する以上に、解決すべき問題があることがわかった。普段、世界規模で物事を考えることが少ないので、いい機会となった。このような考える機会を持つことが大事だと思った。
  • 行動することが大切だが、それを実行するのは難しい。ちょとしたことでも、私たちができることを同じ人間としてやっていきたい。

開智中学校2年生(和歌山県)

写真
私たちの政策提言
  • 無知であれば、考えることすらできないため、世界の現状をまずは調べることが大切である。知るためには、教員が生徒に情報をまずは、発信し、その後、その情報を深めるため、討論したり、さらに自発的に調べていくことがよい。我々教員も、世界一大きな授業を実施するまで、世界の現状の知識が乏しかったため、大学で、教員を目指す人全員に、海外での研修を義務づけたり、教員免許の更新の際に、海外視察や世界一大きな授業を教員免許を更新する教員全員に課すとどうだろうか。日本と海外との教育の違いを実感することで、教員の知識や考え方が深まり、教育の質や情報提供の量が増え、世界の現状をより周知させることができる。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 生徒たちは、日本では当たり前のことが、世界では当たり前ではない現状に驚き、今の自分自身の環境に感謝し、何かできることはないかと考えた。リボンを使って、軍事費と学校建設費の違いを理解することで、資金や設備面での教育環境の違いを学んだ。また、「クイズ」と「ちがいのちがい」を実施することで、個性に応じたあってもよい違いや色々な考え方の良さ確認する一方で、人権や自分ではどうすることも出来ない現状を、どのように解決していけるかを考え、世界では、教育が想像以上に深刻である国もあることを知り、募金、ペットボトルキャップ集め、節電や英語力の習得などできることをしたいと感想を述べていた。

参加者の感想 中国

伯耆町立溝口中学校2年生(鳥取県)

私たちの政策提言
  • 教材が行き届いてないところに文具などをこれからも送ってほしいです。
  • 支援することはもちろん日本の国として政府として世界をリードしてほしいです。
  • 軍事費を少し削って、教育費に回してほしいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 日本にいていま幸せだということで満足せずい今こそ手を差し伸べて力になりたいと感じました。自分にできることを考えていきます。
  • 毎日勉強ばかりで学校に来たくないと思うこともあったけど贅沢な考えでした。世界のことをもっと知りたいです。
  • 私は、この授業を受けるのは2回目でした。以前に教えてもらったことを思い出すのによいきっかけでした。大人でも文字が読めない人が世界中にいることを知り教育の大切さを知りました。改めて少しでも自分が役に立てるように募金活動などで積極的に街頭に立ちたいです。

開星高等学校(島根県)

写真
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界には文字が読めなかったり、行きたくても学校がなかったり小学校に行くこともできない子どもがいることがわかりました。現在世界中に先生が340万人も必要という事実を知ったときは驚きました。タイ語で仕事募集の文章を見たけど、読めないのでどれがよいのか分かることができませんでした。文字が読めないと大変な気持ちが伝わる内容の講演でした。
  • 現在世界の中で沢山の子どもたちが小学校に通えなかったり、途中で退学していることを初めて知りました。私はなんとかその子どもたちを一人でも多く小学校に通わせてあげることはできないかととても心がいたくなりました。どんな事情があっても通えるようにならないかなと感じました。そして、そのために私たちに何かできることはないか考えていくことが重要だと思いました。

岡山市立福田中学校(岡山県)

私たちの政策提言
  • 教育で世界を変えられる。もっと勉強を大切にし、文字を教えたりなどできるようにしたい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 小学校を退学するとか読み書きができないなど、世界規模で考えるとそういう人が多くて驚いた。日本ではそういうことがないから当たり前に思ってしまうことがたくさんあるけど、学校に行けたり、好きなことができたり、ごはんが食べれたりすることに本当に感謝して生活しないといけないと思いました。
  • 今自分が授業を受けていることは決して当たり前のことではなくて、ありがたいことなのだと改めて知った。マララさんのスピーチを聞いて、銃で撃たれたにもかかわらず運動を続けているマララさんはとても強い人だなと思った。
  • 世界では学校に通えない人が6100万人もいて、驚いた。そしてその理由にはいろいろあった。先生が340万人も足りないのは大人も教育を受けられないから。もしかしたら先生になりたかった人もいるのではないかと思った。

地球市民共育塾ひろしま(広島県)

  • 写真1
  • 写真2
私たちの政策提言
  • 児童労働の上に成り立っている製品への課税もしくは警告に取り組んでほしいです。
  • 途上国の先生たちをたくさん留学生として日本に呼んであげてください。そして日本の先生たちをたくさん途上国に派遣してください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界の子供たちが現在抱えている問題について知ることができ、またそのことについて様々な人と意見を交わすことができ、新たな視点から問題について考えることができて、良かったと思います。

参加者の感想 四国

新居浜工業高等専門学校(愛媛県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
私たちの政策提言
  • 日本はとにかく平和な国だと思います。そのため難民の人たちが望んでいるものを援助してほしいと思います。そして、戦争をしていない日本から平和というものを広げるために、日本から世界へ呼びかけることが大切だと思います。
    そのため、まず「世界一大きな授業」をもっと多くの学校で実践し、世界の教育事情を伝えるべきです。
    また、年に1回は「消費税プラス2%」などの「強制募金day」を創設し、そのお金を世界の子供たちのために使う。などのユニークなものを取り入れて、大幅に支援金を増やしてほしい。ただし、永続的に続けるのは反対も多いと思うため、限定的に行うことを検討してほしい。
  • 現地の国の人々との交流を増やすことで、多くの人に「現状」を知ってもらえるため、戦争をしている国と同盟を結び、日本人が行き来しやすいようにしてください。
    そのために、一人ひとりが一度は、外国人と話す機会がほしい。お互いが話すことで考え方が変わるかもしれないから。
    また、「世界一大きな授業」を義務化すべきと思います。それは、日本の子供たちに教育を受けられるありがたみを教えることができるからです。それによって、他国の状況により関心を持つことができることと、自分自身の勉強への意欲向上にも役立つからです。
  • 日本には働けるのに働こうとせず、政府から援助を受けながら暮らしている人もいます。また、軍事費用も大切ですが、その1%だけでも、途上国の子供たちのために使えれば、世界の子供たちに笑顔が増えると思います。戦争をしても悲しむ人が居るだけで、笑顔になる人なんていないから、より良い遣い方をしてほしい。  例えば、日本は平和なので戦争や紛争の起こっている地域の人々を受け入れて、現在、閉校した校舎などの有効活用をしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • この授業を受けて、学校に通えない子ども、読み書きのできない大人が多くいることにとても驚いた。それと同時に、「今、授業を受けているのは当たり前ではない」ということを実感しました。
    また、私たちが自由に教育を受けられているこの状況に感謝するとともに、私たちに何ができるのかを考えた結果、募金活動や、テレビでもニュースを見るようにする、小中学校へのESDの出前講座の手伝いをすることなど自分の手の届く範囲から始めることがとても大切だとわかった。
  • 世界のお金のことについて、教育という観点から知ることができて、考えやすく、身近なことと感じました。そして、自分に何ができるのか、何をするべきかを話し合い、深く考えることができました。
    また、教育が普及すると戦争も抑止することができると思いました。数学や科学などは自分の夢を叶えるために、歴史や倫理のような授業は戦争を止めることにつながると思います。また、世界中の人々が学校に通えるようになると平和訪れ、全ての人々は夢を持つことができると思います。
    そして、自分たちは親に勉強させていただいているので、そのことに感謝して勉強に取り組んでいくべきだと強く感じました。
  • マララさんのように大きなことはできなくても、まずは、自分現在できることを積極的に行うことで世界の役に立つ一人になれることを改めて感じた。
    また、平等に教育を受けられる社会をつくるために、まず世界平和を目指すべきだとわかった。そして、このような授業で知識を得ることで、さらにより多くの人に伝えることができ、少しずつだが世界の教育についての意識が広がり、それが力になると考えた。
    さらに、今回の授業で、意見が相反することでも話し合えば、解決できるし、時間をかけ、さまざまな意見を聞き、共有することで、違う観点から見る人の新しい意見が出てくることが、今回の授業でわかった

愛媛県立土居高等学校(愛媛県)

写真
私たちの政策提言
  • 教育分野、とくに初等教育への援助をお願いしたい
  • 世界中の子どもたちが教育を受けられるように取り組んでほしい。貧しい子どもも学校に通えるように補助金を出してほしい。
  • お金のない人でも勉強できる場を作ってほしい
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 自分たちが学習できていることが当たり前ではないとよくわかりました。世界では教育を受けることができなくて文字の読み書きができない大人もいると聞いてとても納得がいかない気持ちがしました
  • この授業を通して、字が読めないということがどれほど大変かよくわかりました。それと同時に教育の大切さもよくわかりました。自分にできることを探していきたいと思っています。
  • 世界には字を読めない人がたくさんいて、その多くは女性に多いことがわかりました。そしてその背景には女性への差別があることもしりました。今後、これからはこのようなことが少なくなればいいと思っています。

参加者の感想 九州

南島原市立大野木場小学校(長崎県)

写真
私たちの政策提言
  • まずは、自分たちの生活の中で、困っている人がいたら、見て見ぬふりをしない。すぐに駆けつけられるように、目配り、気配り、心配りをする。
  • 世界の子どもたちが教育を受けられるように、ユニセフのノートを使ったり、ベルマークを集めたりする。
  • 今の幸せに感謝し、学校で一生懸命勉強する。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 学校で勉強できることは、当たり前のことだと思っていたけど、世界には学校に行きたくても行けない人がたくさんいることを知りました。だから、これから、何事にも一生懸命取り組みます。そして、この恵まれた環境に感謝します。
  • 世界には学校に行けない子どもたちがいることは知っていたけど、読み書きができない大人がたくさんいることに驚きました。字が読めなかったら、薬か毒かも判断できません。字が読めるって、命を守ることにもつながっているんだなと思いました。世界中の人が読み書きできて、幸せに暮らせたらいいな。
  • マララさんの強い意志や勇気に感動しました。私も途中であきらめないで、何事にもチャレンジします。そして、夢に向かって努力します。

南九州短期大学(宮崎県)

写真
私たちの政策提言
  • 暑い日でも外で勉強をしなければならない状況は健康的にも良くないので、裕福な国がもっと支援を行って、勉強机や椅子、教科書、校舎が建つまでのテントなどを提供するべきだと思いました。
  • マララさんのスピーチには、とても説得力があり、子供たちの学校に通えない現状や国の不景気のひどさが良く伝わりました。また、このような経験をしている子供たちが、平和に過ごせるようにならないものかと、すごく考えさせられました。言葉では何とでも言う事ができますし、行動に移して実現させるのには時間やお金など大変な問題がありますが、少しずつでも他国からの支援を得て、変わっていけたらいいなと思います。
  • 世界のリーダーや国がお金を投資すべきところは教育であるということに共感しました。教育の意義をしっかりと分かることができました。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 日本では校舎があって机や椅子もある状態で授業を受けるのが普通ですが、ちゃんとした校舎もなく快適に過ごすことができない状態で授業を受けている子供たちがいるのを知り、恵まれた環境で勉強できるのは有難いことなのだと思いました。当たり前に思っていることがすべて当たり前ではないということが分かりました。子供たちが環境の整った中で楽しく学んでほしいです。
  • さまざまな状況におかれている人たちが、世界中には数多くいると思います。自分が分からないことも、まだまだ沢山あるので、自分のためにも相手のためにも常にアンテナを張って行動し、知ることから始めていきたいです。
  • 世界には教育を受けたくても受けられない人がいることを知りました。今このように自分が教育を受けられていることに感謝し、その人たちの分までがんばって勉強していきたいと思います。

参加者の感想 沖縄

沖縄尚学高等学校 アイアーン部(沖縄県)

私たちの政策提言
  • 今回の世界一大きな授業でアクティビティ5、ちがいのちがいを行ったのですがその際に、このようなプロジェクトや世界の教育の現状に目を向ける場を作り、広く教育の現状を考えることが重要だと感じた。
  • マララ・ユスフザイさんのスピーチの動画とフリー・ザ・チルドレンのストーリーを通して、私達と同じくらいの年齢の子どもたちが、こんなに行動しているのかと皆驚き、沖縄は貧困の問題を抱えているため、それに対して私達も行動するべきではないかという考えになりました。政府には、もっとマララさんやフリー・ザ・チルドレンについて教科書で取り上げてもらいたいです。それがきっかけとなり、子どもたちが自ら行動しやすくなると思います。
  • 今回の世界一大きな授業で、世界の子供たちの現状について改めて考えることができた。今まで漠然と、子供たちは教育を受けなければいけない、子供の権利を守るべきであると思っていた。この授業の準備をする上でなぜ子供たちが教育を受けなければならないのかを考えることができた。また、台本作りや発表する上で、人に何かを教えることの難しさを感じた。今回の経験は貴重な経験となった。今回の授業でSDGsについて、世界の子供達について考えを止めるのではなくて、これからも継続して考え続け、行動していきたいと思った。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • この世界一大きな授業を通して、SDGsや教育の重要性について改めて考えさせられました。教育を変えるだけで、沢山の人の人権や命を守ることができ、さらに安全な暮らしを作ることにも繋がるということを初めて知り、教育で世界中の人を幸せにすることができるんだな感じました。さらに、アクティビティでは、「フリー・ザ・チルドレン」について初めて知り、子供でもこんなに大きな団体を作ることができるのだと感動し、子供の可能性の大きさを感じることができました。沢山の人から世界の教育に対する意見を聞くことのできる良い機会になりました。私とは違う意見にも触れることもでき、とても面白かったです。

沖縄県立コザ高等学校定時制商業科(沖縄県)

写真
私たちの政策提言
  • 意味のない事ばかりにお金をかけないで欲しいです。不正な会社をなくしたりして、国として少しでも寄付ができるお金を作って欲しい。日本の中の格差もなくせない日本政府が世界の格差をなくすなんてできるか疑問ですが。
  • もっと平和について世界に呼びかけて欲しいです。世界で今教育を受けられない子達が、なぜこんな状態なのか、進展するにはどうすればいいのかとか、こういった授業は政府主導で進めて欲しいです。
  • 流石に世界中の子ども全員は無理に近いだろうとは思うけど、日本の若い人に現地で勉強を教えられる仕事を与えてはどうでしょうか?その前に、日本の中でもお金がなくて授業が受けられない友達がいます。そこからなんとかして欲しいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界中の子どもが教育を受けるということ、貧困、戦争など問題が多くとても難しい。一つ一つ考えないといけないと思った。初めて知ったことが多く、一番心に残ったのはマララさんのスピーチでした。
  • 世界には学校がなく教育を受けていない子どもも沢山いる。私たちはとても恵まれている事に改めて気づくことができた。今の自分たちには何ができるのか、考えさせられる授業だった。
  • 自分の国のことだけでなく、他の国の貧しい子どもたちのためにも活動できたらいいなと思いました。話し合う授業だけでなく、次は行動に移すべきだと感じました。

参加者の感想 海外

オルホン県家族子供青年開発局(モンゴル)

写真
私たちの政策提言
  • すべての国と地域に学校を建てる。また、学校だけではなく住居や建物、幼稚園などを国がもっと増やすべきである。
  • 平等に教育を受けることは必要であることを理解してもらう。そして、すべての人に教育の機会を与える。
  • 教育の行き渡っていない国について調べて、現状を知る。そして、その国の政府と第三国が協力をして、寄付を集めて支援する。すべての人が教育を受けることができるように、先生が足りない地域には先生を派遣する。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界中には、こんなにも多くの読み書きができない人がいるということを初めて知った。しかし、そのような人たち(非識字者)の数は減らすこともできると思う。
  • 読み書きができるということは、大切なことだと思った。読み書きができることは、危険から自分の身を守ることにも繋がると思う。
  • 学校には、専門性がある先生が必要だと感じた。先生たちには、ただ教えるだけではなくて、楽しい授業をして欲しい。そしたら、生徒たちも優秀になると思う。

バンコク日本人学校中学部1年(タイ)

世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 生まれた地域によって学校に通いたくても通えなかったり,読み書きができない大人がいたり,勝手に結婚や進路のことを決められてしまったりと,自由な生活ができない人がいることも私には体験したことのないことで驚きました。しかし,国が違うから生まれた地域が違うからという理由で,学校に通うこと,未来の選択をする事をあきらめるのは,してはいけないことと思います。同じ人間で,これらを行う権利はあるし生まれたところによってできることを奪うのはよくないです。なので,今すぐには難しいと思いますが,少しずつこれらの問題を解決していって欲しいです。そして,私たちも目を向け考えていきたいと思います
  • マララさんのスピーチを聞いて,“Education is hope. education is peace.”という言葉が心に残りました。私は普段何気なく学校に通い「勉強いやだ」など文句を言いながら授業を受けていますが,世界には教育を受けられない人々が何億といることをもっとよく考えたいです。そして,今の恵まれた環境で教育をきちんと受け,将来,教育を受けられない発展途上国の人々の力になることも考えていきたいです。「ちがいのちがい」では班で意見割れがたくさんありました。世界の識字率がもっと高くなって,もっとたくさんの人が安全に教育を受けられる環境で過ごせるようになるといいなぁと思いました。
  • 私がこの授業で1番感じたことは「いつも通りのありがたさ」です。私たちは義務教育で,普通に学校へ行っているのに,世界には学校に行けない子が,11人に1人もいると聞いてびっくりしました。学校に行けないということは,文字も書けないし,読むこともできません。授業で行った薬のことなど本当に危ないときはすごく困ると思います。ているのにあたりまえに通っています。まだ私たちは子どもだから,できることは少ないけど、いつも通りのありがたさに感謝し,こういう子どもたちがいることを伝えるなど,今できることを精一杯頑張りたいです。

「世界一大きな授業」に参加する

寄付のお申し込みはこちら