経過報告

参加状況

2018年の参加校・グループ/人数
583校・グループ、5万1188人

北海道2020
青森県887
岩手県548
宮城県382
秋田県59
山形県255
福島県413
茨城県794
栃木県645
群馬県320
埼玉県2749
千葉県1610
東京都7272
神奈川県5361
新潟県1232
富山県160
石川県262
福井県89
山梨県433
長野県91
岐阜県260
静岡県1099
愛知県2961
三重県200
滋賀県2818
京都府3572
大阪府4536
兵庫県1752
奈良県655
和歌山県190
鳥取県55
島根県178
岡山県750
広島県1461
山口県15
徳島県134
香川県215
愛媛県560
高知県65
福岡県936
佐賀県295
長崎県105
熊本県680
大分県100
宮崎県130
鹿児島県6
沖縄県1512
海外366
不明0

国会議員のための「世界一大きな授業」

国会議員の参加人数:24名(ほか、代理:17名)
中・高校生8名が「先生」となり、国会議員を「生徒」として迎えました。

授業では、様々なアクティビティを通じて、途上国での教育にまつわる問題を扱い、中・高校生から議員への政策提言を行いました。
識字に関するアクティビティでは、国会議員に字が読めないとどのようなことが起こるのかという体験を通じて、識字教育の大切さを伝えました。
資金についてのアクティビティでは、教育のためのグローバル・パートナーシップ(以下、GPE)への拠出額を日本の宝くじの当選額といった身近なものとの比較を行ったり、リボンを使って資金の差を国会議員に目で見て体感してもらいながら日本のGPE拠出額とODAの予算などを比較しました。日本が経済大国でありながらもGPEへの拠出額が他の日本よりGDPが低い国に比べ極めて少ないということをグラフで表しながら説明をし、いかに日本による教育への支援が少ないかということを強調しました。また、GPEは本当に必要としている人々に対する支援が可能であることを説明し、教育への支援の大切さを訴えかけました。
国連で制定された持続可能な開発目標の目標4「質の高い教育をみんなに」を達成するには、先生の役割が重要であることを説明し、途上国の先生に対する支援の必要性も伝えました。
授業の最後には、「学校を建てる」といった「目に見える支援」に加えて、教育の質を高める「教員養成」などの「目に見えない支援」が増えるよう、国会議員から日本政府に働きかけてほしいという提言をしました。

授業の様子はYouTubeでご覧いただけます。
以下のリンクからご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=5ITGrVEI4t8&feature=youtu.be


先生役の高校生
 

たくさんの議員と、
観客がいらっしゃいました

日本のGPE拠出額とODA予算の差を
リボンの長さで体験

識字のクイズを
グループに分かれて解いています
 

先生から日本の教育援助への
政策提言を行いました
 

授業を担当した中・高校生と
参加した議員のみなさんと
GCEの職員と

世界一大きな授業2018参加者の感想

[北海道]

北海道

[東北]

青森県
山形県
福島県

[関東]

茨城県
栃木県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県

[中部]

新潟県
石川県
山梨県
長野県
静岡県
愛知県

[近畿]

京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県

[中国]

鳥取県
島根県
岡山県
広島県

[四国]

愛媛県

[九州]

長崎県
宮崎県

[沖縄]

沖縄県

[海外]

モンゴル
タイ

「世界一大きな授業」に参加する

寄付のお申し込みはこちら