参加者の感想

参加者の感想 北海道

市立函館高等学校

私たちの政策提言
  • We should denote money to organization which works for children education.
  • Fund raising is important. And we should use the money for activity to change the world, for example education.
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • I was surprised to know that there are many options to change the world. I want to share this with my friends and family.
  • This lesson was very important for me. I want to join charity events.
  • I feel sad because I didn't know that there are many children who can't study at school and many adults who can't read and write.

参加者の感想 東北

山形県立東桜学館中学校(山形県)

私たちの政策提言
  • 世界中の子供たちについて考える機会をもっと増やしてほしい。現地のことを自分の目で確かめる機会がほしい。
    海外留学などへの支援がもっとあるとよい。
  • 日本の財政を見直してムダを省き、その分を発展途上国への教育支援に回せるようにしてほしい。技術支援や環境問題への
    支援ももっと行っていくべきだと思う。
  • 国連で防衛費について取り決めをし、世界的規模で軍事費を削減してほしい。その分を未来を担う子供たちの教育に使える
    ようにしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私は、日本に生まれ、恵まれた環境で育ってきたため、それを当たり前のこととして捉えてしまっていることを自覚しました。
  • 世界中には、自分には想像できないほどの苦労をしている子供たちがいることを知り、さらにそのループが出来上がってしまって
    いることを知りました。それは決して他人事なんかじゃなく、私たちも真剣に考えるべきことだと思いました。
  • 今はまだ、中学生で、できることは限られているけど、将来、そんな子供を減らすことに協力できる大人になりたいし、
    そのために、恵まれた環境に甘えず、勉強を頑張りたいと思いました。

参加者の感想 関東

世界一大きな授業・実践者のためのワークショップ in 東京

写真
私たちの政策提言
  • SDGsの援助総額を目標額に達するよう、努力してください。GPE基金への支出を増やしてほしい。
  • 選択できる権利を、世界の子どもが得られるために努力してほしい。ジェンダーや障害、ダイバーシティなどによる差別のない社会が実現できるようにしてください。
  • 健康や教育、社会福祉など、海外支援のお金を防衛費から割いてください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 在日外国人にも質の高い教育を!
  • 世界の軍事もだが、日本の国防費にもびっくりした。
  • 勤務先の中高生にも知ってもらいたいことばかりでした。

こども教育支援財団 東京大志学園千葉校(千葉県、フリースクール)

写真
私たちの政策提言
  • 勉強ができる環境を当たり前と思わず、勉強できることに感謝しながら一生懸命取り組む!
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界にはいろんな子や大変な環境の子がいるんだなと思った。
  • 日本はとても恵まれているなと思った。
  • 勉強を頑張ろうと思った。

埼玉県上尾市立原市中学校(埼玉県)

世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界にいる教育がまともに受けられない子ども達を学校に通わせるためのお金が、世界の軍事費の1週間分程度でまかなえるということに驚きました。世の中には、マララさんのように勉強をしたくてもできない人たちがいることに対して、私は自分が今授業を受けることがあできるということに感謝し、満足に授業を受けられない子ども達のための募金があれば、進んで募金をして助けていきたいです。
  • 世界の現状で、援助額について考えたが、軍にかけている金の大きさが予想を上回る結果だったのに驚いた。また、世界の援助への意識のなさにも驚いた。マララさんが一生懸命自分のことや願いを訴えたというのに、現状を重く捉えていなそうな世界の偉い人々は何をしているのだろうと思った。
  • 今回、世界一大きな授業で改めて、世界の現状を知ることが出来ました。現在、世界で学校に通えない子どもは6400万人。読み書きできない大人は7億5000万人。このような人たちが学校にいけるようになるには軍事費を1週間分削ればいいだけなのにと思いました。これからはもっと感謝して、学校に通いたいと思います。

学習院大学 国際社会科学部 Sustainable Development(東京都)

私たちの政策提言
  • Provide children living with disabilities or in remote areas with different forms of education by taking advantage of online learning systems.
  • Support, financially and technically, students’ organizations working for disadvantaged children in developing countries.
  • Increase technical cooperation in the education sector by facilitating retired Japanese citizens to get involved in quality education in developing countries.
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • We knew that Japan had been one of the top donors and believed that Japan’s aid had contributed to improvements in education. However, it turned out that Japan’s aid was not sufficiently allocated to basic education. It is important for Japanese tax payers to know this fact.
  • I want to visit developing countries by myself and see the reality facing children there.
  • Although I have been interested in helping poor people as a volunteer, I did not see where the entry point was. Through the Lesson, I learned that many SDGs are linked with each other and that for a better future, we could start off by changing the field of education.

藤沢市立羽鳥中学校(神奈川県)

私たちの政策提言
  • 学校を建てるだけではなく、お金の支援もして学校で使う物にもお金を使えるようにする。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 感じたことは私たちが学校に行けていることに感謝しなければいけないということです。世界の人々全員が学校に行けているわけではなく、字が読める、書けるが当たり前ではないことを知りました。「明日学校いやだなぁ」という気持ちを言葉にする人もいると思いますが、これからは学校に行けることに感謝をし、楽しい中学校生活にしようと思います。
  • 私が考えたことは一人ひとりがこの世界の問題を考えていくことは、世界中の一人ひとりが平等に生きていくことのきっかけになるし、世界にはまだこんなにも問題を抱えている人がいるということをみんなが知るきっかけにもなると思います。
  • 世界には僕たちより何倍も小学校に行けなくて大変な思いをしている人がいることがわかりました。僕たちは当たり前に数分で学校に行けるけど何時間もかかる子ども達もいます。そして僕が大切にしていきたいのは「当たり前」です。世界にはこの「当たり前」ができていない国もあるので、1日1日を大切にしていきたいです。

ガールスカウト神奈川県東湘南地区(神奈川県)

私たちの政策提言
  • プラスチックをリサイクルして、ゴミを宝に変えよう。
  • 古本を回収して、支援団体に寄付しよう。
  • 海にゴミを捨てないで。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 今回は、中学生を中心に授業を行いました。セヴァンさんの動画は、特に参加者と同世代ということで驚いた、すごいという感想を受けており、刺激となっていました。
  • SDGsのアクティビティは、世界の課題が自分の身の回りの課題と繋がっていることを認識するきっかけづくりとなりました。

参加者の感想 中部

豊橋市立青陵中学校(愛知)

私たちの政策提言
  • 日本ではほとんどの人が学校に行けるけれど,外国は違うので,募金などを少しでもすれば役立つと思う。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 自分が想像していたことよりも現実は厳しく,今の自分にできる最善の行動をとりたい。たくさんの人が意識して,行動する。また,人に伝えていけば不平等はなくなると思う。
  • 学校に行けない子ども達の気持ちや原因を改善し,持続可能な社会を作り上げていかなければいけないと思った。
  • 今,当たり前に学校にきているけれど,学校に通えていない人が,10人の1人いると知り,通えるということは,当たり前ではないと知り,過ごし方を見直そうと思った。

光ヶ丘女子高等学校(愛知)

私たちの政策提言
  • まずは、もっと援助の額を増やすことが必要です。日本も苦しいときに助けてもらいました。政府からの援助も大切ですし、募金活動などを通して民間からの援助ももっとできると考えます。
  • 援助の内容については、もっと現地のニーズを調査して、現地の人々が必要としている援助、そしてひとりひとりを大切に考える援助をしていくことが大切だと考えます。残念ながら現地の権力者が市民一人一人のことを最優先に考えているとは限らないと思います。援助する側がどのような援助が必要なのか、真剣に考えることが必要です。
  • 税金の使い方をもっと考えてください。そして、税金が何に使われているかをもっとわかりやすく国民に伝えてください。現在税金が本当に必要なところにきちんと使われていないと考えます。海外の援助も本当に必要な部分です。税金の使い方をもっとみんなで考えられるシステムを作ってください。加えて、国会議員の報酬はもっとカットしていいです。北欧などは議員の報酬はとても低いのに、よい政治が行われています。議員の人数ももっと削減すれば、かなりの財源になります。地方自治の範囲を増やせば、もっと少ない議員で十分だと考えます。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 学校に通えることが当たり前ではないことがよくわかった。世界中には教育を受けることができていない子供たちがとても多くいることがわかった。世界に非識字のひとがとても多いことに驚いた。
  • 授業を通していろいろなことを知り、気づけたのでもっと多くの学校で世界一大きな授業に取り組んでほしい。
  • 話し合いを通して、いろいろな意見があることがわかった。援助に関しても国ごとに意見も違うと思うので、それぞれの国がどのように考えているのかを比較してみたくなった。
  • (実施者)生徒は、自分たちが考えている要理も世界の現状が厳しいことがわかったと思います。 また、日本が行う海外援助に関しては、自分たちが責任を持たなくてはならないことに気づけたと思います。たいていの生徒は、日本の税金の使われ方や、現在の日本の政治のあり方には(社会のあり方にも)満足していないようです。その気持ちは自分で政治と社会に反映していく必要があり、できることを今後もいろいろな授業を通して伝えていきたいと思います。

一宮市国際交流協会(愛知県)(5/19 公開授業実施)
報告(Facebook)

  • 写真
私たちの政策提言(首相・外務大臣への手紙より抜粋・一部編集)
  • 教員を派遣したり、教職に必要な知識などを勉強できる場を提供
    (留学プログラムなど)したりしてほしい。
  • 資金、技術面を含め、義務教育の制度を広めてほしい。
  • 色々送るだけではなく、支援先が自立して生活を維持できるシステム
    づくりに力を入れてほしい。
  • 日本国内に世界の現状を知ってもらう、私たちに何が出来るか教える
    活動をしてほしい。
  • 児童労働によって作られたものを買わないようにしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
(首相・外務大臣への手紙より抜粋・一部編集)
  • 「知る」ことが第一歩である。
  • 当たり前の様に学校に通い、読み書きができているが、世界には学校に通えない人がいる事を知って驚くと共に悲しくなった。
  • 学校を大切にして、学校生活に一生懸命取り組みたい。

参加者の感想 近畿

兵庫県立兵庫高等学校 (英語版教材で授業実施)

写真
私たちの政策提言
  • ITを活用した教育支援の充実
  • 兵庫県で実施している職業体験のような機会を設ける
  • 先生の数を増やすために支援を行う
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界ではこんなに多くの子供たちが学校にいけないということを知り、驚きました。学校にいけないことも達を助けるという解決策もたくさんあることを知りました。デジタル技術の向上がそのうちの一つです。その技術を使って子どもたちに様々な支援ができると思います。
  • 世界中に文字を読めない人がたくさんいることに驚きました。これは大きな問題ですが、今まで考えたことがありませんでした。もっと世界中で何が起きているかを知ることが大切だと思いました。問題を解決する方法をもっと考えたいです。
  • 7億5千万の大人が文字を読めないということに驚きました。多くの子供が学校にいけないことは知っていたが、大人の現状は知りませんでした。私はその事実と今まで知らなかった自分に驚きました。

灘高等学校

写真
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 「ちがいのちがい」を主に実施しました。班ごとにカードの分類がけっこう違っていて、良い学びになりました。3年目の実施ですが、いろいろな意見が出てきますが、この授業に価値があると感じています。
  • 「幸福度」のカードや「クラスの人数」のカードは、完全な平等を実現するためには必要かもしれないが、それは逆に均一化を進めてしまい、自由の侵害にすら当たりかねないと思った。

滋賀学園中学校(滋賀県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
私たちの政策提言
  • 日本国内でもめるのではなく、今の世界に目を向けてほしいです。
    まわりまわって、日本も世界の影響を受けるなら、
    良い影響を日本から発信してほしい。
  • 日本の豊かな学習や、そのことに対しての取り組みなどを
    世界の学校に通えない人に教えられるようにしてほしいと願っています。
    どうか少しでもこの手紙を目にしてほしいです。
  • 消費税を10%にするのも、他の税金を高くするのも良いけれど、
    その税金をもうすでに豊かな日本のためだけに使うのではなくて
    発展途上国の教育のために使ってください。
    借金返済も大変だけど、お金の使い方は私たちももっと賢くならないといけません。これも教育の大切さだと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 未だに世界では不十分な教育環境がある。それを直すにはもう今しかないと思った。
  • 豊かに不自由なく暮らせている国や人がいる半面、戦争にあったり、学校に通えていない子度がたくさんいることを知りました。
    だから、その人たちを無くすためにもっと世界の問題に目を向けて、困ることなく過ごせたり、
    勉強できたりすることを当たり前と思わず、生きていきたいです。
  • 私たち子どもにとっては、お金を教育費に使うことは簡単そうですが、実際は全て上手くいかないんだという現実の中で、
    勇気のある人々は世界中の人のために必死で訴えているし、将来のことを自分の言葉で大人に伝えることは
    とてもすごいことだと思ったし、刺激された。

参加者の感想 中国

岡山市立福田中学校(岡山県)

私たちの政策提言
  • 国のリーダーだけでなく、自分たちのような普通の学生も教育の現状について考えるべきだ。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 学校に行けない人がすごく多くて驚いた。学校に行きたくても行けない人がいるなんてかわいそうだ。心配だ。その人たちのためにも僕たちが頑張って学校に行かないといけないんだと思った。
  • 今こうして授業を受けることができて、学校に当たり前のように通えているけど、世界を見てみると学校に通えず、働いている幼い子供が多く、勉強したくてもできない子供や大人が本当に多くいるから、このことは他人事ではなく、自分もできること(募金や寄付など)を精一杯やっていき、一人でも多くの子供たちが学校に通えるようになればいいなと思った。日本では当たり前のことができるけど、世界ではそれができないから、世界で協力して一人でも多くの子供が救われればいいなと思った。
  • 世界中の軍事費と必要な援助額を比べれば、どれほどお金を無駄に使っているのかということがわかりました。軍事費にあれだけのお金をあてられるのにどうして教育費にはあてられないのかとても疑問に思います。世界の問題としてとらえて、世界中の今の現状を見直すべきだと思います。しかし、軍事費を教育にあててしまえば、その国の軍事力が弱くなり、ほかの国に攻め込まれることも考えられます。やはり、すべての国が軍事力を捨てなければ、世界中が平和になることは難しいのだと感じました。けれども、少しの援助ならば、可能だと思います。協力して、少しでも多くの人が勉強できる世の中がいいなと思いました。

参加者の感想 四国

世界一大きな授業・実践者のためのワークショップ in 松山(愛媛)

写真
私たちの政策提言
  • 長期的に成長につながるようなこと(教育)にお金を使ってください。
  • 教育にかけるお金を増やしてほしい。軍事費を減らす工夫をしてほしい。武器、兵器を購入する際には、一部を途上国の教育基金に回してほしい。税制改革!
  • 「自国の利益のみを追求する時代は終わった」という考えの発信をする。実際にやってみる。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 地元で実施することで、子どもからお年寄りまで幅広い世代で色々な考えを深めることができると思った。
  • 世界の軍事もだが、日本の国防費にもびっくりした。
  • 知る機会って大事ですね。勉強になりました。

新居浜工業高等専門学校(愛媛県)(全アクティビティ実施)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
私たちの政策提言
  • どうか、無理をなさらずに資金援助を続けてください。私は「世界一大きな授業」で道具とお金だけが援助でないことを学びました。そのため、私たち若者を現地へ、どんどん留学という形で送ってください。税金でもってご支援されいると伺いましたが、若者が現地へ赴き、支援を手伝い、そこで培った経験と教訓は必ず日本のためになると考えられます。どうぞよろしくお願い致します。また、途上国へ行き、学校を建てたり、現地の子供たちとの交流をしたりする団体(JICAなど)の活動内容や活動報告をする機会を増やすことです。日本の学生で途上国の子供たちのために何かしたいと持っている人は多いと思います。
  • 私たちが今からでもできることは「この授業で学んだことをたくさんの人に知ってもらい、興味を持ってもらう」こと。そうすることで、多くの若者が理解を深め、支援する人が増えていくと考えました。そこで、政府にお願いしたいことは、最近、議員のニュースでよくない情報が多い。日本の人口も減ってきているので、議員の数を減らし、その分の税金を別のことに使えるので、しっかり考えて使ってほしいです。たとえば、たくさんの問題発言で辞任する大臣の方々に多くの税金を使ったり、多くの税金で軍事費(沖縄の施設など)に使うくらいなら、その何%かだけでも世界平和のため、途上国の子供たちへ使った方がよいと思います。
  • 日本の人口が減少している町や島など小規模学校を活用し、途上国の子供や先生に移住してもらい、子供は中学まで通ってもらい、その後は母国に帰るか進学するか選択し、先生は数年ごとに交代し、母国の教育に従事するようにしてほしい。私たち日本人もその国の文化などを知り、多様な価値観を学ぶことができます。また、大きなことをするのは大変なので、小さなことを多くの人でやって大きなことにしてほしいです。例えば、特定のものを買うと、自動でその商品のお金の一部が募金されたりなどです。難しいことだけど、何かしないと変わらないので、できることはいろいろ試すべきだと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • まず、現状を知らないと何もできないと思った。今回の授業で今の現状を知って、初めてそれに対する対策を考えることができたように、知ることは大切だと改めて思った。「世界の子供が学校に通えるようにするために重要なことの順位付け」をしたとき、自分は「こうすれば現状が変わりやすいだろう」という考えで選んでいたけれど、「今、自分ができること」と考えたときには、順位が変わってくると思った。どのような見方で考えるかによってどんどん意見が変わっていくので、支援のやり方についても、いろいろな側面があり、難しいことがわかった。
  • 日本も多くの援助をしているが、それがニュースになっていることを知らない。援助についてたくさんの人に知ってもらえると、理解が深まり、もっと良い援助ができると思う。この授業を受けても、まだまだ発展途上国について知らないことが多いと思うので、これからも学んでいく。しかし、自分が働き始めると、今のままだとこれらの問題について学習しなくなると思うので、社会人になっても学ぶことができるためには、多くのニュースを流す必要があると思った。
  • 途上国を支援する側の国に、一概に軍事費などを削って支援額を増やすべきだとは言えないと思った。まだ知らないことが多いので、途上国の現状について調べて、自分にできることを考えて実行したい。

参加者の感想 九州

参加者の感想 沖縄

参加者の感想 海外

LOOB JAPAN(フィリピン)

  • 写真1
  • 写真2
私たちの政策提言
  • SDG4をもっと国民に広めてほしいです。
  • もっとしっかりとした教育支援の制度を整えて欲しい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 国の教育制度が違う為、どう教えたら自分事と考えてもらえるかと考えるのが難しかったです。
    また、子どもたちに考えやすいように話を振ったり質問したりするのが大変でしたが、教える側としてとても勉強になりました。
  • 私たちが支援している高校生たち(ジュニアリーダー:通称JLs)に、ボランティアとして参加してもらいました。
    彼らにとって、教育に関する知識に加えて、人前で話したり、ファシリテーションをしたりする力を身につけるよい機会になりました。ありがとうございました。

「世界一大きな授業」に参加する

寄付のお申し込みはこちら