参加者の感想

北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 近畿 / 中国 / 四国 / 九州 / 沖縄 / 海外

参加者の感想 北海道

北星学園余市高等学校(北海道)

私たちの政策提言
  • 世界の教育現状に関心を持つ。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 同年代のマララさんの行動に、関心をもつ子が多かった。特に女子の多くが関心を寄せた。
  • 世界の軍事費、ゲーム市場、先進国に求められる費用負担の視覚教材は効果的だった。
  • 次年度行う時は、もう数点ビデオ教材を含めた視覚教材を持ち込みたい。

参加者の感想 東北

八戸市立南浜中学校(青森県)

私たちの政策提言
  • 外国に小学校をつくって、字を覚えられるまでは無料で教えてあげられるようにしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 自分たちがふだんできている「当たり前」のことが「当たり前ではない」国もあるのだと思うと、ご飯をすぐ残すことも、物をすぐ捨てたり壊したりすることも失礼だと感じました。何か小さなことでも役に立つことをしたいとすごく思いました。
  • 日本では普通に勉強をしていますが、他の国ではできないことがかわいそうだと思うし、勉強できるようになってほしいと思いました。字が読めるということはすごいことなんだと思いました。
  • 学校に通えなかったり、女性が差別されていたり、苦しい仕事などをさせられている子どもがいることを知りました。平和でみんなに平等な世の中になってほしいと思います。寄付などをして、少しでも困っている人を助けてあげたいと思いました。

english beans(青森県)

私たちの政策提言
  • 教育の大切さ、識字の大切さを知ろう
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界にはたくさんの子供たちが勉強したい気持ちを持ちながらできない状況があるということがわかった。教育を受けられる環境が整うことを願う。
  • 映像を見て児童労働の現状を知り、かわいそうだと思ったが自分ができることは何か実感がわかない。

東北福祉大学・渡部芳彦ゼミ(宮城県)

私たちの政策提言
  • 世界の子どもの安全と健康が守られ、教育が保証されるために、日本がこれまで以上に国際社会に貢献すること。
  • 教育の機会の格差が解消されるような仕組みを導入すること。
  • 子どもや若者の声を政治に取り入れる仕組みを作ること。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • マララさんのスピーチは去年のゼミで学び知っていましたが、他にも世界の子どものために活動している人がいることを知りませんでした。フリーザチルドレンという団体を設立したのが12歳の少年なので驚き、その姿に圧倒されました。
  • 日本がいかに平和で、平和ボケしているかということを感じました。マララさんやクレイグ少年のように、・・自分も何か小さなことでもできないかと感じました。・・(中略)・・すごいと思った反面、出る杭は打たれてしまうのではないかと少し心配になりました。
  • 自分が置かれている不平等な状況に子どもたちで反論を抱き戦う意志を持って立ち上がるのはすごいと思いました。不満だけでは行動できない中で、こうしたいという強い思いを持って先頭に立って動く勇気をとても尊敬します。

仙台白百合学園高等学校(宮城県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
私たちの政策提言
  • 私たちに生きる知識をください。Make me an instrument of your peace. 無知から平和は生まれない
  • すべての子どもに医療の知識を与えてください。
  • 日本へ途上国の留学生・研修生を受け入れ、将来、自国の発展に貢献することができる人材を育てる。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私たちは、一年間、留学生活を送っていて、他国へ対する関心が高いです。日本だけでなく異国での教育を受け、さまざまなことに気づかされました。この経験から、教育の重要性について知りました。私たちは、グローバル社会の悪い側面を変えるために、行動を起こさなければいけないと思っています。

宮城県仙台二華高等学校英語部(宮城県)

私たちの政策提言
  • 途上国で教師を育成するための資金援助を積極的に行ってください
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 識字の重要性。教育を浸透させるための国際協力の必要性

秋田県立能代松陽高等学校(秋田県)

写真
私たちの政策提言
  • お金を直接渡すのではなく、日本企業が物資を送ったり建物を建ててあげる。
  • 日本と海外の教育面での交流を増やす。
  • (発展途上国への)生活物資の支給をする。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 日本は教育環境が整っていて、とても恵まれていると思いました。学校に行くことや勉強できることを当たり前だと思わず、感謝しないといけないと思いました。
  • 海外では字の読み書きができない人が7億人以上いることを初めて知りました。字が読み書きできることは普通だと思っていたので、とても驚きました。
  • 開発途上国の現状を知るとともにこれから日本がどのように援助していくかが問題になってくると思った。自分たちでできることにはどんどん参加したい。

参加者の感想 関東

茨城アジア教育基金を支える会(茨城県)

私たちの政策提言
  • 世界中の子どもたちが就学できるようになることは、軍事費を増やすことよりも重要です。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • マララさんの行動力を素晴らしいと思いました。

茨城県龍ヶ崎市立城ノ内中学校(茨城県)

写真
私たちの政策提言
  • 教育を受けられる場(施設)を増やす
  • 低所得国への給食・文具の供給支援
  • 教員の養成と数の確保
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 勉強をしたくてもできない人や非識字の人は世の中にたくさんいるということをよく知ることができた。私たちは勉強を嫌がる人が多いですが,そういう人たちのためにも,私たちがしっかり勉強しないといけないなと思った。また,私たちが身近でできることは募金であろう。学校やお店のレジなどにある募金にも協力したい。そして,ペンや本を大切に扱っていきたい。
  • 多くのことを学び,それを人に伝える活動を通して,社会に責任を持っていけるようにしたい。どんな人でも教育を受ける必要がある(権利がある)。そして受けた教育で身につけた知識を活用して,次の世代の子どもたちが教育を受ける機会を確保していかなければならない。プラスの連鎖反応を継続させることが大切だと思った。
  • 学校に行けることは,当たり前じゃないと思った。

文星芸術大学附属中学校(栃木県)

写真
私たちの政策提言
  • 義務教育を世界に広げてほしい。・経済力のある国と協力して、環境が整っていない国を改善する。・国連に働きかけて貧しい国に寄付をする。・日本の優秀な技術者を発展していない国に派遣してほしい。
  • 貧困国の人々もきちんと学校に行き、好きな仕事に就けるような世の中にしていただきたいです。そのためには、世の中から核をなくし、戦争や紛争のない平和な世界にしてもらいたい。
  • 難民を受け入れること。・国際社会に難民を受け入れることを呼びかけること。・余ったものを寄付すること。以上のことをお願いします。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界中には学校に通うことのできない子供たちや、読み書きができない大人がたくさんいると知って驚きました。それに対して、毎日学校に通い当たり前のように授業をうけ変わらぬ日々を過ごす私たち。でもこれが最高に幸せなことなのだと思いました。だから感謝の心を忘れぬよう一日一日を過ごしていこうと思います。
  • 世界には様々な事情で学校に行けない人、退学してしまう人が多くて、日本は恵まれているのだと思いました。だから、教育の大切さや途上国の暮らしについてもっと調べて、私たちにできることを探したいなと思いました。
  • この世界には小学校に通えない子供達が多くいて、現実は厳しいと感じました。私達は安全で豊かな国に生まれてきたことに誇りと感謝の気持ちを持つことができました。世界で悲しい思いをしている人が少しでも減るようにしたいと思い、私達にもできることがないかということを深く考えることができました。

高崎商科大学附属高等学校普通科国際文化コース2年10組(群馬県)

私たちの政策提言
  • 私達がお願いしたいことは、自分達だけの安全や幸せのために動くのではなく、世界規模での安全や幸せを考えて行動する国であって欲しいということです。他の国に頼るのではなく、日本が先頭に立って行動をして欲しい、そう要望します。
  • 教員の資格を持っている人が、もっと多く、発展途上国へ行って、大人への教育を普及させ、派遣された日本人が帰国しても、現地の人が自立して、教育活動が拡大できるような仕組みを現在よりも更に充実させて欲しい。
  • 発展途上国の人達が直面している過酷な現状を、「世界一大きな授業」のようなプロジェクトをもっと多方面に普及させ、多くの日本人に知ってもらう機会を、民間レベルではなく、政府レベルで知らせるような啓蒙活動をして欲しい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • この授業を通じて、私達が生きている世界で、何が起きているかを知るきっかけになりました。学校に行きたくても行けない子供達が世界に6100万人もいて、11人に1人が学校に通えていないことを知ったときは、想像していた以上で、逆に11人に1人という数字が身近な数字だったことに驚きました。
  • 現地での現状を知って、改めて「助けたい」と思う気持ちだけでは、その人たちを救うことはできないことを思い知らされました。だから、今以上に勉強し、多くの知識を学び、実際に現地を訪れ、少しでも多くの人たちの力になれるように行動に移していきたいと思います。
  • 今までの自分は、結局は他人事だと思っていたこと、そして、改めて自分の無力さを思い知りました。そして、自分が思っている以上に、現地に行かなくてもできることがあることを知りました。

高崎商科大学附属高等学校普通科国際文化コース3年11組(群馬県)

私たちの政策提言
  • 日本政府には、本当に支援を必要としている国に、必要なモノを必要な分を送って欲しい。質の良い教育を受けられるように、日本から発展途上国への人材派遣や現地の人の人材教育にもっと力を入れて欲しい。日本がもっとリーダーシップを発揮して、日本にしかできない政策を実施して欲しい。
  • 「世界一大きな授業」のような取り組みを、政府がリーダーシップを発揮して、児童生徒学生だけではなく、一般の人達にも拡散させていって欲しい。
  • 途上国の子どもたちに勉強を教えたいと思う先生がもっと増えるような環境づくりを政府が実施して欲しい。海外研修制度の充実や支援の拡大。そのような事業への支援の拡充。他の先進国と協力し、現地に学校を建てるなど。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私が今できることは何かを改めて考えることができ、まずは発展途上国の現状を調べてそのことを周囲の人に知ってもらうことだと感じました。
  • 子どもには子どもにしかできないことがあり、その一つに教育があると思います。教育を受けられなかった子どもが、大人になっても読み書きが出来ずにいる現状を変えるには、私達一人一人が行動を起こすべきだと思いました。
  • 教育を受けることに対して理解がなければ、ずっと負の連鎖が続くんだと思いました。みんなが教育を受ける権利を誰かが奪ってはいけないと感じました。世界では7億人以上の大人が読み書きができない現状や発展途上国の方が圧倒的に多い現状を知ることができました。

さいたま市立大宮八幡中学校(埼玉県)

私たちの政策提言
  • 教育を受けることができない子どもたちを受けられるように働きかけてほしいです。
  • 軍事費から少しのお金の支援があれば世界の苦しんでいる子どもたちを助けることができるのだから、もっと世界の事を考えてお金を使ったり、できることがあれば協力してあげてほしいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 教育によって得られる力、教育を受けることができないとどんな不便なことがあるのか。そして、世界には学校に通えない子どもたちがたくさんいる事を知ることができました。小さな事から自分のできる支援を行って行きたいと思いました。
  • ESDの活動のようにボランティア活動は大切だと思いました。世界では「今」教育を受けられない子どもたちがいる事を知ることができて良かったです。
  • 世界一大きな授業を受け、世界には学校に行けない子どもたちや、成人が読み書き(識字)できないなど、多くの問題が未だにあることを知り、家族などに伝えていき、自分たちにできることを考えて行きたいです。

内閣府認定公益財団法人子ども教育支援財団東京大志学園さいたま校(埼玉県)

写真
私たちの政策提言
  • 教師の育成とグローバル化です。教師が足りないことを知ったので「教師を増やして世界で教えられたらな」と私は思いました。なので教師を増やして世界の貧しい人々に勉強を教えてあげてほしいです。(小6女子)
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 読み書きができないとこんなにも不便なのだなということがわかりました。女性が学校に行かなかったりすることが多くてびっくりしました(中2女子)
  • 教育を受けていないと命に関わることに驚きました。実際に私はコップの問題でネズミを殺す薬を飲んでしまいました。(中3女子)

公益財団法人 こども教育支援財団 東京大志学園 柏校(千葉県)

私たちの政策提言
  • 募金箱を増やし、国民が意欲的に募金活動ができるようにする。募金箱に楽しい仕掛けをしたり、地域ごとに募金箱が変わるなど、楽しみながら世界中の子どもが学校に通えるようにする。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私達は義務教育を受けられているが、当たり前ではないことを改めて感じました。教育を受けたくても受けられない。明日を生きるために仕事をしてお金を稼がなくてはいけないことがある。だからこそ、自分達に出来ることを考える必要があると思いました。
  • 小さいことで、ただ嫌だといってすぐに止めてしまうのは、もったいないと思いました。ただの甘えだと思ったので、これからは色々なことに挑戦し続けることを頑張りたいと思います。

リベルテ(千葉県)

写真
私たちの政策提言
  • 義務教育の中でも、世界の教育や世界情勢について伝え、学ぶ機会を増やすこと。
  • 「教育」において、何を重視するのか、他の予算ともあわせて、もっと国会で議論し、結果として、ODAの教育に対する予算割合を増やすことを目指すこと。
  • 税金やお金の使い道を、国民にもっと広く、わかりやすく公開すること。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • リボンの長さで予算の規模を体感することで、数字で見るよりもインパクトを受けて驚いた。できるだけ多くの人に体感してもらいたい。
  • 世界の国それぞれの文化や習慣があり、世界の子ども達の現状も、いい悪いを一概に判断できないこともあった。それでも、支援を必要とする各国の情勢に応じて、支援する国は、より能動的に参画していく必要が、まだまだあるんだろうと思った。
  • 予算などの数字も単体で考えるときと、比較するときとで、受ける印象が変わった。具体的な数字から、実際のお金の使い道を知り、自分でも考えるきっかけになった。

聖心女子学院中高等科(東京都)

私たちの政策提言
  • 教員の訓練支援。現地での教員支援だけでなく、日本国内の教員養成で、現地語を話せる人を増やす、教員が不足している地域があることを啓発する、といった機会を設ける。
  • 日本政府や企業が奨学金を提供する、留学制度を設ける。
  • 街中に気軽に募金できる場所を増やしていく。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 識字率が低い国があることは、歴史的にみると先進国が関係しているのではないかと感じた。
  • 識字率の低さが生活に与える影響はとても大きいことが分かった。世界には、私たちが“当たり前”でやっていることを“当たり前”にできない人がいるという事実を改めて実感することができた。普段の生活で色々なことに感謝して過ごしていきたい。
  • 女性と男性に格差があるのは女子校で学ぶ者にとって悲しく思う。

八王子市民のがっこう まなび・つなぐ広場(東京都)

写真
私たちの政策提言
  • 軍事費から教育費への転換。1人当たり100円でもいい。武器を楽器にというフレーズがかつてあったが、武器を本とペンに。所得の高い人やグローバル企業に累進的に教育基金への拠出をさせる
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 軍事費の巨大さ、ゲーム産業の大きさ、そして比較した時の教育にかける費用の少なさに愕然とした。
  • 日頃はなかなか世界の教育の現状について知る・考える機会がないので、このようなキャンペーンが一年に一度あると素晴らしい学びの時間が持てるし、大人こそ知る必要性があると感じた。
  • 私たちはもっと知り、声をあげていかなくてはならない

中央大学杉並高等学校(東京都)

写真
私たちの政策提言
  • SDGsの考えをもっと広めて、日本や世界でどのような問題が起きているのかを具体的に知ることができればと思います。例えば、「4兆円の支援があれば、世界中の子どもたちが高校までの教育を受けることができる」という事実を日本国民全員が知っていれば、もっと援助をするべきだ、という意見が増えるかもしれないからです。今、2020年に向けてオリンピックのポスターがたくさん貼られたり、キャンペーンが行われたりしていますが、SDGsのキャンペーンやポスターは少ないと思います。もっとSDGsの考えが広まるようなことをしていただきたいです。
  • 発展途上国にさらなる支援をしてほしいです。今現在でも、もちろん支援をされていると思いますが、まだ、世界にはたくさんの教育を受けられない子どもたちがいます。そのような子どもたちのために1円でも多くの支援をお願いします。近い未来この日本が世界から賞賛され、よりよい世界となっていることを期待しています。
  • 世界中の子どもが学校に通えるようになるために、各国で協力して十分な支援を行ってください。今、北朝鮮のことなどで軍事力が大事なのかもしれませんが、今このときも学校に通えずにいる子どもたちが多くいます。軍事費に比べれば少しの額になると思いますが、しっかりと支援を行ってほしいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 高校入学前から発展途上国の子どもたちの教育の現状に興味があったが、具体的な数字等を見せられると、やっぱりまだ驚くことばかりだった。日本も先進国といわれているが、問題は山積みだし、結局のところ、先進国もそうでない国もお互いがお互いの欠点を補っていくべきだと思う。それぞれの国の国策は違うけど、他国がこうしたら上手くいったなどの例を参考にお互い高め合える世界を実現させていきたい。また、今自分がこうして十分に教育も受けられ飢えに苦しむことなく幸せに暮らしていることに感謝しなければならないと感じた。
  • 今までは「みんな人間なのだから平等に」とザックリしか考えていなかったけれど、今回SDGsを理解したり、世界各国であってもよい違いといけない違いを考えたりしたことで、他人事ではなく先進国も途上国も同じ問題について一緒に考えていかなければいけないと思いました。また、地球上の限りあるものは、地球全体で分け合わなければならないということを改めて感じました。
  • 「あってもいいちがい」と「あってはいけないちがい」の活動では、視点を変えてみると様々な意見が出て驚いた。世界中がみんな平等に平和であることが最善だが、違いが全くない世界は独自性がなく、つまらないことだと思う。だから、その国やその人がどう生きることが幸せなのか考えるのが大事だと思った。正解があるわけではないので、これからもっと学び、理解することが私たちのできることだと思う。

文京学院大学国際協力コース概論(東京都)

写真
私たちの政策提言
  • 先入観にとらわれて物資ばかりを送るのではなく、教員研修など、開発途上国の人々が本当に必要としているソフトな援助にあててほしい。
  • 学校に行けていない子どもたちが通うための予算を支援したり、教室が足りていない国に環境を整える支援、女子トイレ、教員の人数を増やす、教員の研修などに支援をしてほしい。
  • 日本の利益ばかりを考えず、途上国の支援に力を入れてほしい。途上国が何を求め、何が足りないかを理解してほしい。マララさんがなぜあのようなスピーチをし、ノーベル賞を受賞したか考えてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 政府の人と市民が話し合う機会が少ないと思うので、子どもたち、親たちがどう思っているのか、政府がこれからどんな支援を行っていくのかという話し合いをし、お互いに意見を知ることができるのはいいと思った
  • ロールプレイと授業を通じて、子どもたちを学校に通わせるだけでは目標達成にならないことがわかった。教員の数が足りない、教員がしっかり教えられない、女子トイレなど様々な問題があり、支援される側の意見は大事にしなければならないとわかった
  • ロールプレイをすることで、内容がとても頭に入って来た。自分の役についても貧困と教育と児童労働は切り離せない問題だとわかった。障がいを持っている人も授業に参加できるようにしないといけないと思った

コミュトレA(神奈川県)

私たちの政策提言
  • 日本は軍事費にとてもお金をかけているので、そこのお金をもう少し世界の子どもたちを救うために援助のお金にしてほしいです。日本の国内を守ることも大切ですが、学校に通えない子どもたちがその後ISに入ったりしてテロの可能性が増えるかもしれません。なので、長い目で見れば子どもたちを救うことが世界の安全を保つと思うので、少しでも多く援助をしていただきたいです。そして世界中で教育を受けて高め合っていけるようになればいいなと思います。
  • オリンピックの前にやるべきことがたくさんあると思う。被災地の支援、世界中の子どもたちが学校に通えるようになるための支援…。日本政府は、もっとお金の援助をしてほしい。
  • 日本が世界の先進国に比べて発展途上国の教育への援助金が圧倒的に少なかったためそこを見直してほしい。日本は地震国で震災に多くみまわれ、その時にきっと海外から助けてもらっているはず。何の罪もない子どもたちをもっと支援したい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • あまりにも想像を超える世界の現状に、おどろきしか起きませんでした。日本で勉強していると、当たり前に学校があります。それは義務教育制度があり、様々な社会を知る環境があるからだと思います。世界には、家族のために働き、女の子だからという理由で学校へ行けない子供達がいます。日本のように、誰もが学習できる状況があるからこそ、もっと早くからこのことを教育の1つに加え、世界を知る時間が必要だと思いました。
  • 最初は、かわいそうと少し思っていたが、発展途上国にいる、数時間しか学校に通えていない子ども達が勉強が楽しいと言っている姿をみて、支援したいなという思いが強くなった。
  • 日本にはたくさんの問題があります。正直なところ、私は世界の子供たちより日本がより良くなるようつとめてほしいと思ってしまいました。なぜなら、心の豊かな状態でないと、弱い立場の人に差し伸べる手も、純粋なものではなく、エゴを孕んだものになってしまうように感じるからです。ですが、世界の子供たちがどうなってもいいわけではありません。私の中で答えは見つかりませんでした。

横浜中央YMCA(神奈川県)

写真
私たちの政策提言
  • 国会で責任問題ばかり議論しないでほしい。国会で寝たら罰金にしてそれを教育援助に回す。国会の定年を40歳にする。
  • 軍事費を減らして、教育援助として増やしてほしい。
  • 教育の結果には時間がかかるということを知ってほしい。現状を知って、子どもたちが何かしようと思ったり、行動できるのは5年後、10年後のことなので、長い目で計画を立ててほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界の問題でもあるが、同時に自分たちの問題であることを感じた。
  • 世界の現状を大人の自分たちが知らないということが怖い。

瀬谷さくら小学校(神奈川県)

私たちの政策提言
  • みんなが学校に通えるように、拠出金を増やしてほしいです。世界中の人が協力すれば学校に行ける人が増えるはずです。
  • 学校の数を増やしてほしい。税金でもう少し学校を建てるために使ってほしいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 今、北朝鮮がミサイルを撃っています。とても許しがたいことです。支援に必要なのは4億円で、軍事をやめればそのお金は手に入ります。難しいとは思いますが、世界を平和に、戦争がない世の中になればいいなと思います。
  • 武器や戦いに使うお金を学校に行けるためのお金に換えればいいんじゃないかと思いました。
  • 学校に通えている私たちは幸せだ。普通に通っているけど、それは実は普通ではないことに気付いた。学校に行けない人たちのために私たちができることを考えたい。

神奈川県立希望ケ丘高等学校(定時制)(神奈川県)

私たちの政策提言
  • もし可能ならば何人かでも字が読めるようになる手助けができたらいいと思いました。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 自分と考えがちがうふりかえりを聞けていろんな価値観があるなと思いました。字を読めないことの大変さ、そして恐ろしさがわかりました。
  • 世界には文字が書けない人たちがこんなにいることが驚きです。そういった人たちが、どのような環境の中で、どんな生活を営んでいるかが気になります。
  • 今、自分たちが当たり前のようにやっていることも世界では当たり前じゃないんだなと思いました。特に先生という存在はありがたいことなんだなと思いました。

東海大学「挑み力(入門)」(神奈川県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
私たちの政策提言
  • GPE基金への拠出などを通じ、教育に関する経済的支援を増額しよう
  • 世界の教育に関する課題について、人々が関心を持ち、理解を深めることのできる機会を積極的に設けよう
  • 基礎教育の充実に向けた支援を重点的に増やそう
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 今日は教育の違いについて考えたが、やはり1番大切なのは当事者の意思であると感じた。学校に行けるけど行かないのと、学校に行きたいけど行けないのでは、同じ「学校に通ってない」状況でも雲泥の差があると思う。みんなが世界の教育の現状について理解を深めることが何よりも重要だと感じたし、自分も積極的に知識を増やしていきたい。
  • 世界で読み書きができる人の割合の低さに気づき、驚きました。また、日本の人々の幸福度が、日本よりも経済的に貧しい国よりも低いことも知り、衝撃を受けました。最後に、日本の教育に対する援助金の少なさが、他の先進国に比べ著しく目立っていることも知って非常に驚いたのと同時に、悲しさも覚えました。
  • 日本とはまったく違う環境で過ごしている人々の事について考えた時、学校に行けない、読み書きが出来ない、などということは自分には全く想像がつかなかった。今日、学校に行くことが出来ない子供たちのために何が出来るかを考えて、日本政府に頼るばかりでなく、自分達で出来ることもたくさんあることに気付いた。私の班で出た意見は、募金をしてお金を現地に送る、文房具などを集めて現地に送る、自分たちの意見を政府に伝える、対象の地域についての理解を深める、という意見である。これらの意見を心に刻み、私にも出来ることを行っていきたいと思った。

コミュトレM(神奈川県)

私たちの政策提言
  • 世界には学校に行けない子どもが多くいる問題があります。その問題を解決するために、多すぎる軍事費のようなものを削減して貧しい地域への寄付を増やしてみてはいかがですか。
  • 今ごみの山から金属を一日中取り出してそれを売って生活している子どもたちがいます。彼らはもちろんそのために学校に行けません。しかし、それだけでなく、ごみを燃やすなどにより発生する有害物質のため、身体に重大な悪影響を受けている人も多いです。日本には、これからそういった場所に機械と設備をつくり、子どもたちが身体をこわすことがないようにし、さらにそこで子どもたちを働かせて給料を与え、一日中働かずとも生活ができるようにしてほしいです。
  • 今まで以上に他国に目を向け、日本の国民に支援の重要性を理解し、それについて考えられるよう呼びかけることです。また、そのような教育制度を整えてほしいと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 今の私が政府に提言をしようとしたところで、現地や日本政府の十分な知識も革新的なアイデアもない以上、ただの無責任な要望にしかならず、良くて無駄足、悪いとむしろ足を引っ張る結果になりかねない。それよりも、私自身はより知識を増やし、問題の全体像をつかみ、対話や交流でそれを強化しつつ広げていくべきだと思う。
  • より世界について調べてみようと思いました。まだまだ知らないことや、うすうすわかっていても実際どのくらいの人がその状況にあるのかを知らないので、それを知りたいと思いました。
  • 一人間として無力だなと感じました。

茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校4年生(神奈川県)

私たちの政策提言
  • 貧しい国に、日本から少しお金を分けて下さい。
  • 少しでも税金を使って、他の国に寄付してほしいです。
  • 先生を集めて、先生が不足している国に先生をわたす。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私が今、ふつうに勉強しているのは、勉強ができない子と比べたら、当たり前じゃないことが分かりました。
  • 字が読み書きできない大人のことなどについて考えました。
  • 軍事費は高いということを感じました。

鵠沼高等学校(神奈川県)

写真
私たちの政策提言
  • 日本は世界の中でも特に水がきれいなので、災害用の水と札から生徒や先生が安心して飲めるような水を用意できるように水道などの設備をしっかり作ってほしい。
  • 国境なき医師団のように教育する団体を作って、人手が足りず教育を受けられないでいる子に無償で教える制度を作る。
  • 「世界一大きな授業」をたくさんの学校でやること。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私たちが思っている以上に、貧しくて学校へ通えない人がいるんだなと驚きました。私たちが毎日している「あたりまえ」を「あたりまえにできない」人もいるということを頭の中で考え、意識するべきだと思いました。
  • 今自分ができる精一杯のことをして、少しでも困っている人たちを助けたいと思った。いつか世界中の誰もが幸せに暮らせるような世界になってほしい。
  • 自分たちのことだけではなく、まわりの国では環境の違いや貧富の差があるから、自分にできることを考える必要があると思います。また、これからの将来で人々を全員豊かにさせるためには途方もない時間がかかると思うけど、それを乗り越える必要があると思いました。

参加者の感想 中部

上越教育大学(新潟県)

私たちの政策提言
  • ODAにおける教育分野の割合拡大
  • 日本国内における教員増加と国際理解教育やESDの充実
  • 日本国内の子どもの貧困問題の改善
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 質の高い教育をすることは、とても大切なことだとはずっと思っていましたが、戦争をするための資金があんなにも使われていることを知り、そのお金でどれほど良い教育ができると思っているんだ、と怒りに近いものを感じました。そして、国も教育に対する意識を高めてほしいと思いました。マララさんの話は少し知っている程度で、詳しくは知らなかったので、ぜひ調べてみたいと思いました。今回の授業を受けられて本当に良かったです。ありがとうございました。毎日勉強できる幸せを感じながら過ごしたいと思います。
  • クイズでは世界レベルで考えると想像できない数であったが、お金をテープの長さで表して比べたのは、とても分かりやすかった。今も、いろいろなところで私が想像できないようなことが起こっていて、それを少しでも考えるきっかけを与えてくれた授業になった。マララさんや「フリー・ザ・チルドレン」を立ち上げた少年のような普通の人でも、世界を変える一歩になることを学んだ。
  • 2年前、マララさんがノーベル平和賞を受賞した翌日に、スピーチの前文が新聞に掲載されていました。これは子どもたちに伝えなきゃと思い、コピーして授業で使用したことを思い出しました。世界の貧困や教育の問題は、決してその国だけの問題ではないと思っています。この問題は歴史的な部分で世界中が抱え、考え、解決していく必要があります。私は社会科教師。私に何ができるか考え、行動したい。

上越教育大学原研究室(新潟県)

私たちの政策提言
  • 日本(私),もっと発展途上国にできることあるだろ!と怒りを感じる
  • 教師の中立性をもちながらも,日本の子どもたちが世界の事実を知り,世界について考え行動できる育成につながる真の教育を!
  • 映像から国会議員の参加率が異常に少ないこと,国会議員の居眠りが無念でならない。子どもの戯言と耳を傾けない大人が,国を世界を動かしているとしか思えない
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 軍事費の大きさ,クレイグさんの行動,マララさんのスピーチと良いモデル,価値観が固定されているように感じる部分がある。
  • 「ちがいのちがい」は,教育の大切さという「世界一大きな授業」の目的が示されているので,その価値観で分類することもあり得る
  • 「ちがいのちがい」は,日本国憲法に照らし合わせてみると,や他の国の考え(文化)に照らし合わせてみると,と考えさせるとカードの分類に深まりが出てくると感じた。実施側の声がけの例があるとよい。

高岡向陵高校(富山県)

写真
私たちの政策提言
  • 日本政府からの支援を増やしてほしい
  • みんなに教育を受けられるようにしてほしい
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私たちは恵まれているんだと思った
  • 今自分が置かれた状況に感謝

ガールスカウト福井第28団(福井県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
私たちの政策提言
  • 貧しくて学校に通うことができない外国の人たちのために無料で教育ができる施設を作って欲しい。
  • 予算案に世界中の子供が学校に通えるようになる費用を盛り込んでほしい。
  • 世界中の子供たちが学習できるようにして欲しい。世界から戦争というものをなくして欲しい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私は学校に行けることは当たり前と思っていたけど、大きな授業を受けて学校に行けない人たちがいる事を知りました。私の夢はお医者さんになって医者がいない国へ行ってたくさんの人を助けたいです。学校に行くのは嫌だと思わずに学校に行けることに感謝して勉強したいです。
  • 生まれた国によって違いがあるのはダメだと思います。他の国の子と日本など違いがないように今からでも、出来ることを考えて実行したいです。人、1人でも学習をして社会を変えて行きたいと思いました。また日本に生まれて幸せだと思いました。なので今出来る事を頑張りたいと思いました。
  • 世界には学校に通えず文字を読み書きすることができない人がたくさんいることがわかりました。文字を読むことが出来なかったら命にかかわる危険もあるので、とても危ないなと思いました。家の事情で学校に行けないなんてかわいそうだなと思いました。世界のみんなが全員学校に行けることが出来ればきっと平和になると思いました。

山梨県立甲府第一高等学校(山梨県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
私たちの政策提言
  • 教育の予算が少ないからこそ、政治家が汚職事件を起こすのはやめてほしいし、国債が減るように努めてほしい。
  • 教育についてほかの国と話し合いをしてほしい。また、やっているならば、それが我々国民に分かるような広報活動をするべきだと思う。なぜ、世界の教育費をもっと日本が負担できないのか、が分かるような説明が欲しい。
  • 今回のような教育について考える事業を増やしてほしい。国民にもっと教育の現状を伝えてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 授業をやるためには深い理解をしなければならなかったので、それがとても勉強になった。世界の教育の現状を楽しく学ぶことができたことは、授業をやる立場も、受ける立場にとっても実りが多かった。
  • 受けてとコミュニケーションを取りながら授業をすることで、理解しやすかったという感想があったので、参加型の授業の効果を実感できた。
  • 授業中に、世界でも同じような授業をしているのだと思うと、世界とつながれた気がしてうれしかった。授業を通して、自分たちが恵まれているということを感じることができ、世界中の人が教育を受けることができるように、少しでも募金などをしたいと思うようになった。また、日本政府がなぜもっと前向きに取り組んでくれないのか、と悲しい気持ちにもなった。

ガールスカウト山梨県第12団(山梨県)

  • 写真1
  • 写真2
私たちの政策提言
  • 世界の子供たちが学校に行けるように、大人は戦争をしないでください。
  • 学校の先生を増やしたり、学校を建てるために資金援助をしてください。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界の現状を細かく知れました。
  • 実際に子供たちに体験してもらったり、図、テープの長さなどを使うことによって、小学校低学年の子供たちにも理解できました。指導案がとても分かりやすく、参考になりました。

ガールスカウト長野県連盟第4団第22団(長野県)

私たちの政策提言
  • 少しでも、世界中の子ども達が学べる環境を良くするために、寄付や活動の働きかけをしてほしいです。現地で学校を建てることや、建てられる人材の派遣なども増やしていけるといいと思います。
  • 寄付をして、そのお金がちゃんと届いているかどうか、確認をしっかりしてほしい。学校の建設などを進めてほしい。より多くの人に、現状が伝わるようにしてほしい。
  • NGOで活動している人たちのバックアップをもっとしてください。少しでも多くの人たちが学校に通えるような環境とお金を増やした方がいいと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 勉強が出来なかったり、学校に通えなかったりする人が多いんだとあらためて感じた。意見が纏まらず、言えないこともありましたが、グループ内の意見を聞いて、「なるほどと思ったことがたくさんありました。
  • 世界では、日本では考えられないようなことがあるんだなあと思いました。自分のやりたいことが出来ることはすごいことなんだと思いました。人によって考え方が違って、いい勉強になりました。
  • 世界には、学ぶことが出来ない子ども達が想像以上にたくさんいて、もっと改善していけるといいと思いました。人によって考えが違ったり、着目する点が違って、自分で考えるだけでは思いつかないことも考えられました。

東京大志学園静岡校(静岡県)

写真
私たちの政策提言
  • 日本が世界のこどもたちに支援できるようにもっと豊かになるようにしてほしい
  • 世界の子どもたちへ支援できるようにまずは日本の改革をしてほしい。無駄なお金を支援にまわしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 豊かな国がもっと世界で困っている人たちに支援をし、世界が一体となって頑張ってほしいと思いました。
  • 世界には学校にいけない子供たちがいることは知っていたつもりだったが、実際の数字でどのくらいの人が字を読めない、学校にいけない、支援の必要額を知り、改めて考える機会になりました。

静岡県立富岳館高等学校(静岡県)

写真
私たちの政策提言
  • 字を読み書きできる私はとても恵まれていると思いました。先生を増やしたり、国がお金をだしたりして、皆が読み書きできるようになるのが理想の世界だと思います。
  • 言葉が分からないということがどれほど大変で怖いものなのかを知りました。もし私が文字が読めなければ、生活するのも苦しいと思います。国や世界が動いて、文字が読めない人たちへの対策をすすめてもらいたいです。
  • 文字を読み書きできることは大切だと感じ、世界中の人たちが文字を読めたり書けたりするには小学校に通うのが一番だと思うので、先生の数を増やしたり、貧困をなくして、小学校をたくさん作ってほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私たちはよく「勉強は嫌いだ」とか言っていますが、世界には学校に行きたくてもお金がなくて行けなかったり、学校の数が足りなくて行けない人たちがいるので、私たちはその人たちのためになるようしっかり勉強したいです。
  • 世界では勉強をしたくてもできない子どもや大人になっても読み書きができない人がいる。文字がわからないとできないことが多いと思う。町の中で字(日本語)が読めなくて困っている人がいたら助けてあげようと思った。
  • 世界には「読み書き」ができない人が多いと思った。この授業をやることはとても大切だと思った。ぼくも日本に来たとき(日本語の)読み書きができなかったので、この人たちの気持ちがよくわかります。

加藤学園暁秀中学校(静岡県)

写真
私たちの政策提言
  • まずは「知るための教育!」
  • 次に、「関わるための教育!!」
  • そしていつか…「学びを楽しめる教育を世界に!!!」
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 一番驚いたのが日本にもたくさん問題があることです。身の回りではユニセフなど海外の困っている子供たちへお金を寄付したりして皆海外に目を向けているけど、もっと身近に差別されている日本のこともたちも色ということを忘れがちです。もっと自分の国の問題に目を向けないといけないと思いました。
  • 世界で子供を中心として起きている様々な問題の一部を知ることができました。私はどうして「男尊女卑」のようなことが起きてしまうのかをもっと深く知りたいと思いました。どうしたら自分でも困っている子ども達を助けられるのかを考えてみます。
  • 私はただ世界が抱えている問題のたったひとかけらを知っただけでその問題が起こっている人たちのことを哀れんだり、手を貸してあげることをしてはいけないと思った。世界の問題を解決するためには、まず、その問題やその問題が起こす影響についてしっかりと理解し、どう対応していくのかを考えることが必要だと思った。

中部BQOE研究会(愛知県)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
  • 写真10
  • 写真11
  • 写真12
  • 写真13
  • 写真14
私たちの政策提言
  • 日本にいる人に学校に通えない子どもたちの現状を知ってもらいたいので、留学生を読んだり、貿易面でも交流をもっと良いと思いました。日本から技術を伝えたり教員を育てるための人材、例えば定年退職した教員など、を派遣すると良いと思いました。資金の使い道として教員の給料を上げることに使うと教員が増え、教員の質が向上すると思います。
  • 発展途上国への日本の情報通信機器、技術の提供を行い、現地の子どもたちに日本の高度な教育を受けさせてあげられるようにしていただきたい。途上国の子どもたちが高度な教育を受け、国を発展させれば、将来的にはその国が貧困を抜け出すことも可能になります。また、現地の人々の考えや状況も具体的にわかるので、より有効で効率的な解決策も見つかります。他に、現地に教員を派遣したり、現地へ行き何かしたいという人たちへの援助をしてくださると幸いです。世界中の子どもたちの教育の向上のために、自分たちも個人でできることはがんばっていくので、政府にしかできないことを、ぜひやっていただきたいです。
  • Fair Trade(FT)に対する補助をして欲しいです。資金援助も大切だけれど、FTを日本に広めれば、商品を買ってもらえて、そのお金が発展途上国で苦しんでいる労働者の大きな助けになります。児童労働の減少にもつながると思います。具体的には、FT商品の宣伝に対するお金の補助、学校でのFTや途上国に関する教育の促進をしていただきたいです。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私たちは、今回の授業を通して、先進国による支援の質を高めなければならないことを学びました。そのためには、人々の意識、特に先進国の人々の意識を改めていくことが重要だと思います。私たちはこれから、さまざまな活動に参加をし、積極的に学んだことを人々に伝えていくことが大切だと思いました。
  • 学校に通えない子どもがいるのは知っていたが、実感していなかったことに気づいた。私たちが考えた世界中の子どもたちが学校に通えるようになるための方法は現実的ではないかもしれないが、一人一人がこの問題を考え、意見を言うことで世界がより良くなるきっかけをつくっていけるのではないかと考えました。
  • 開発途上国では、「教育を受けたい」とは思っていても、教育の質や個人の環境などで教育を受けられなかったり、提供できなかったりすることがわかりました。日本ではまだまだこのような現状があることが広く知られていないと思うので、小さなことから始めて、まずは国内の人全員に知ってもらえたらと考えています。

愛知県市立千種高等学校(愛知県)

私たちの政策提言
  • introducing new technology to Country C. Without money, children can't go to school. Therefore, Japan will build factories so that they can make money for themselves. Then the industry will bloom. More jobs will be provided. These factors will make a good cycle to get more money for education.
  • not only sending money to developing countries, but also practical support, such as providing infrastructure, building schools, teaching agriculture to enhance the effectiveness of farming. Most importantly, we wish the Japanese government will provide more support for basic education.
  • sending high school students to those countries and have a workshop for their parents to let them know how important education is. The reason why we think high school students should be sent is that they would know what educated people will be like.
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • We thought it was a very practical and effective lesson especially for high school students.
  • We noticed that solving this issue is not that easy and is very complicated.
  • The most surprising thing is the budget for the military things. In Japan, basically no war will occur right now, so we had better decrease the amount of those and donate some of the budget for basic education in the developing countries.

弥富市立弥富北中学校(愛知県)

私たちの政策提言
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界には、学校にいきたくても行けない人たちがたくさんいる。そう考えると、わたしたちは恵まれた環境で教育を受けることができていることを当たり前だと思ってはいけない。その考えは間違っていると授業の映像をみて気づかされました。どの国の子どもたちもいつかは平等に教育が受けられるようになると良いと思いました。
  • ビデオを観て、子どもなのに働いていること、学校に行けていないこと、そういう子どもたちがまだまだたくさんいるという現状を知りました。わたしたっだらそんな生活は無理だと思う。だから、こういう国や地域での差を、どうしたらなくしていけるのかを考えていきたいです。
  • わたしは、去年マララさんについて調べて、世界の人々の中にわたしたちの様に教育を受けていない人がたくさんいることを知りました。今回の授業では、わたしと同年代の人たちが、そんな子どもたちのために立ち上がって活動していることを知り、刺激を受けました。質の高い教育を受けているわたしたちこそ、何かできることがあると思いました。世界に関心をもち、このような授業にも積極的に参加することも私たちにできることのひとつだと思います。

愛知淑徳大学(愛知県)

私たちの政策提言
  • 学校に通えるようになる為には。どうしてもお金が必要になる。貧しい国でもお金を安定して得ることが出来るようになる為には、日本せいふだけがうごいてもげんかいがある。そのため世界中で連携することが重要視される。だから少しずつ前に進んでほしい。
  • まず日本の教育の平等性について解決してほしい。世界に目を向ける前に自国の問題を解決できなければ世界の問題を解決できないと考えます。日本でも教育を受けれていない人がいる現状を教育費を安くしたり、教師を増やしたりするなどで解決していきたい。
  • まずは日本国内で学校に行きたくてもいけない子ども、たとえばいじめや母語を理由に授業をついていけない子どもたちが安心して通える環境づくりをしてほしいです。お金の問題で大学に行きたくてもいけない子どももいると思うので奨学金の制度をもっと充実させたほうが良いと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 教育費よりも、ゲーム費や軍事費のほうが何倍も費やしていることにショックを受けました。物を考えることは生きる際に必須の力だと思います。ゲームも軍事も教育があったからこそその発想が生まれたのだと思います。教育は全ての基礎だと私は思います。全ての子どもたちが教育を受けられることを願っています。
  • 様々な理由で教育を受けられない子どもが世界中に多くいることが、現状を知ってもすぐに子どもたちに教育を受けさせて挙げられないことがむなしいです。子供たちがこのまま大人になるのか、教育を少しでも受けてから大人になるのか、そう考えた時その国の将来も変わってくると思いました。
  • 私は教育を受けることができない子供たちが大勢いることを初めて知りました。政府の皆さんも行っているということはもっと私たちの税金をよりよく使用することを願っています。

一宮市国際交流協会(iia)×あいち国際理解教育ステーション(AIS)(愛知県)

写真
私たちの政策提言
  • 教育にもっとお金を使って!
  • 教育!!大事!!(小学生)
  • 平和!!(小学生)
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界の現状がわかりました。
  • 世界の子どもがみんな学校に行けるようになってほしい。

愛知県立刈谷北高等学校(愛知県)

私たちの政策提言
  • 全ての子どもが教育を受けられるように、日本政府は途上国への資金の援助を行う。援助したお金の使い道もきちんとチェックする。
  • 教員の数が足りていないことを学んだので、教員を養成できるような仕組みを作るための援助を行う。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • マララさんは私たちと同じぐらいの年齢なのに教育のために戦っていて、自分の考えを堂々と述べることができるので本当にすごいと思った。
  • さまざまな違いがある中で、あっても良い違いとあってはいけない違いがあるということに気がついた。あってはならない違いをなくすために何か自分もできることがしたいと思い、そのためには意識を外の世界に向けておくことが大切だと思った。

参加者の感想 近畿

京都市立嵐山東小学校(京都府)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 同世代の子どもは,みんな学校に行っていると思っていたけど,様々な事情で学校に行けていないことがわかった。世界の国や地域によって,なぜこれほどまでに差があるのかを考えたい。
  • 教育に使うお金より,戦争のために使う費用がものすごく多いことがわかった。軍事費をなくし,教育にもっとお金を使えば,たくさんの子どもが教育を受けることができることに気づいた。
  • 全校児童で年に1回ではあるが,世界の教育事情について学習することは,指導者である教員にとって必要不可欠なものであり,私たちの日々の教育のあり方を問い見つめ直すことでもある。

京都市立二条城北小学校(京都府)

写真1
私たちの政策提言
  • ぼくは,日本だけでなく外国で困っている人を助けたいと思いました。なので,フリー・ザ・チルドレンのように,日本では当たり前のことでも,当たり前にできていない国を,助けたいと思いました。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私は子どもだけどできることはあるんだなと初めて知りました。12才の少年がフリー・ザ・チルドレンという活動をつくったのがすごいと思います。もっと子どもが協力できることについていろいろ知りたいです。
  • 私は世界には人のために行動している人がたくさんいると知りました。バスを学校にしたり,フリー・ザ・チルドレンという団体をつくったり,すごいと思いました。自分にもできることがあるからこういうことをしたいと思いました。
  • 日本に住んでいる子どもはみんな教育を受けられるので幸せなのだなと思いました。教育を受けられない子どもに,小さなことでも何かしてあげれたらいいなと思いました。将来は,人のためにできることをしてみたいと思いました。

大阪府立今宮高等学校(大阪府)

私たちの政策提言
  • 教員の質向上と日本で問題を知ってもらうために:日本の教員と途上国の教員との交換研修を行う。(子ども同士も、お互いの学校について教えてもらう)
  • たばこやお酒などのし好品・ぜいたく品の課税に、教育援助○%のように援助額分を上乗せし協力してもらう
  • 兵器製造につながるような製造・輸出をしている日本企業を、その事業から撤退させてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 日本と違いすぎて正直想像がつかないところがあった。世界の貧富の差が厳しくて驚いた。
  • 戦争や紛争が原因で危険な思いをしたり家族が離れ離れになって勉強できないなどは、自分たちに何ができるかわからない。もっと勉強したい。

大阪成蹊女子高校(大阪府)

写真1
私たちの政策提言
  • 日本以外の国で教員として働くためのルートを確立し、私たちが教員不足の国で役に立てるようになるととよいと思う。
  • 軍事資金の削減を各国に働きかけてほしい。
  • 発展途上国への日本の援助を拡大すべき。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 教育を受けられることが当たり前だと思っていたけれど、世界規模でみるとまったく違っていた。知ることの大切さを実感した。
  • 文字が読めないと人生の選択に大きく影響すると思った。特に女性の識字率が低いと知り、女子教育って重要なんだと思った。
  • 世界の軍事費の膨大さにショックを受けた。大切なことが何であるかが見失われている気がする。

大阪府立桜塚高等学校(大阪府)

私たちの政策提言
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 大人で字の読めない人が多いのに驚いた
  • 外国では女性の識字率が低いので、日本はまだマシなんだと思った。

神戸学院大学(兵庫県)

私たちの政策提言
  • 軍事費を削減し、ODAの基礎教育援助やGEF基金に対する支援を増やす
  • 教員育成プログラム等の支援を増やし、教育の「質」が向上するための支援を行う。
  • 短期間で読み書きができる教材開発の支援を行う
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • あまりにスケールが大きく実感がわかない点もあったが、教育の必要性を認識できた
  • 教育支援に関してはあまり関心がなかったが、フリー・ザ・チルドレンやマララさんの活動を見て、まず現状を知り、自分でできることを取り組んでいきたい
  • 非識字率や就学問題といった様々な難問や課題だけでなく、少しずつ現状が変化しているなどポジティブな面も知ることができたのはよかったと思う

灘高等学校(兵庫県)

写真
私たちの政策提言
  • 学校の建設と教員の育成を特に重視して他国と協力しつつやってもらえればと思います。日本は建築技術が高いので前者については大いに貢献できると思います。後者は世界に目を向けることで日本国内の教育問題が前進するという点でやる価値はあると思います。
  • 途上国支援への真剣な取り組み。今の支援は未来への投資だと思います。旧日本植民地の中には日本によって豊かになって日本を尊敬し、良い関係を築いている国があります。教育は多くの問題の解決につながると思います。
  • 世界中の子供たちが自分自身で自分の将来をある程度選択できる学力がつけられるような教育を受けられるようにするために、各発展途上国に教師をできる存在を派遣して欲しい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 国連のたてた目標はどれも実現すべきすばらしいものであったが、その分それらは非常に困難な挑戦であるということを今回の授業で身をもって感じた。SDGSのすべてを実現することはできなくとも、一つでも実現すれば世界は大きく変わると思うので、そんな日が来ることを願っている。
  • 先進国、途上国間の教育格差が注目される一方で、日本国内での家庭の経済事情、地域や親の意識レベルの差などによっておこる教育格差の問題から目を背けてはならない。教育は知識、能力、思想などその人が形成される過程で非常に重要なものであり人生を左右する。環境にかかわらず各個人がその人人生を歩めるなら、あまねくすべての人が必要な教育を受けられるよう、各国の政府は連携し、努力することが求められると感じた。
  • 教育の不平等には様々な側面があり、すべての問題を一挙に解決する手立てがないことはもちろん、一つの問題についてさえ、その実現可能性をはじめ対象の選定、その順序など多くの障害が立ちふさがるということを痛感した。むろんこれまでもなんとなくは認識していたことであるが「ダイヤモンドランキング」や他のワークで(おこがましいが)改めて認識した。将来、スマートシティやサステナブル・インフラなど新式の都市計画に携わりたいと思っているが、学校や教育はインフラの第五層に位置する重要な要素であり、それを含めても示唆に富んだ授業だった。

神戸YMCA高等学院(兵庫県)

世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 教材を用いる前に、世界の状況(世界人口や母語・使用言語順位)を学生と一緒に考えることができ、より識字について理解を深めることができた。
  • 具体的なワークショップ(文字が読めないことによる危険や不利益等)により学生が楽しみ考えながら進めることができた。

神戸市立神港橘高校(兵庫県)

写真
私たちの政策提言
  • 子どもが生まれた家庭には筆記用具のセットをあげる。世界中どの国も中学校までは義務教育にする。税金の使い方を考えてほしい。戦争はやめてほしい
  • もっと国民の世界の状況をしらせて。政府に関係している人たちの給料を安くして、もっと国民のために支給するべき。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • この世界にはたくさんの人がいて、これからは若い人たちが中心となって変えていかなければならないと語っていて、困難や壁にも立ち向かっていかなければならないのだ、と改めて思った。
  • 自分の中でどこかに偉い人が変えてくれるだろうと他人ごとに考えていて、残念でした。自分のような人がいるからいつまでたっても変えられないんだろうなと思いました。
  • 世界の教育環境に「私たちには関係ない」と目を背けるのではなく、この授業を通して知ることができたことに、自分たちができる範囲で協力したいと思った。

参加者の感想 中国

岡山市立福田中学校(岡山県)

私たちの政策提言
  • なんの関係もない人が,戦争に巻き込まれ,学校に行くことができない。学校に行くことができないから,字の読み書きができない。だから識字率が下がる。これはだめな連鎖だと思う。そんな現状を回復させるためには多くの人にこのことを伝え,広める。何よりも自分が深く知ることが大切だと思う。そのためにはまず,自分の身の回りにある「いじめ」や「差別」を減らしていく必要がある。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • わたしと同じ年代の子が教育を受けられない。国が違う,住む場所が違うだけでこんなにも差別があることに怒りを感じました。毎日,嫌でも勉強ができる環境にいることはとても有り難いことで,勉強しないといけないなと思いました。当たり前に勉強ができることの大切さがよく分かりました。
  • 文字の読み書きができない人が多くいること,学校に行きたくても行けない人が多くいること,世界には困っている人がいるのは事実で,それは減少していない。自分にできること・・・少しの募金であったり,ものを大切にするなどしていきたい。そして,世界中で戦争や紛争がなくなってほしい。
  • わたしたちのいる日本は全員学校に行っているから,それが当たり前で,たまに行くのがめんどくさいな~とか思っていたけど,今日の授業で,わたしたちはすごく贅沢だなと思った。戦争が起こっている国の子どもの恐怖心とか,わたしが理解することは難しくて,でも,みんなが学校に行けたらいいなと思いました。

岡山県立勝間田高等学校(岡山県)

私たちの政策提言
  • 教育にかけるお金に比べて、世界の軍事費が圧倒的に多いことにびっくりしました。軍事費を減らして教育のお金を増やし、学校がないところに勉強ができる場所をつくるように、他の国に呼びかけてほしいです。
  • 子どもたちの労働を廃止するように世界の国々に呼びかけ、子どもたちがあたりまえに学校に通えるようにしてほしいです。国内の問題も大変ですが、日本が支援できる範囲で支援してあげてください。日本の保育士や学校の先生を、通訳をつけて先生の足りない国に派遣し、勉強を教えてあげるのもいいと思います。
  • 先生から見せていただいた資料を通じて、私たちも間接的にでも子どもたちと関わり、少しでも助けられることを知りました。私たちの一歩がもっともっと世界を変える一歩になるといいなと思いました。世界中のどの子どもにも、私たちと同じように普通の授業を受けさせてあげたいと思います。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • どうして学校に行けないのか、なぜ4歳から仕事をするのか、疑問に思いました。そして、世界中で働いている子どもがたくさんいることを知って衝撃的でした。もっと信じられないのは、児童労働反対を言った子どもが殺されるということです。日本では信じられません。自分たちの知らないところでこのような悲しいことがたくさん起きているのだと知り、自分たちがいかに平和に暮らせているか改めて感じました。国が違うからと、一言で片づけてはいけないなと感じさせられました。世界中の人々が不自由なく、平和に暮らせるようになってほしいです。
  • 私たちより小さい子どもたちが世界を変えようと行動し、実際に多くの人々を動かすことに発展させていったことにとても驚きました。本当にすごいと思います。私たちにそんなことができるかと言われれば、できるかどうかわからないけど、私たちにしかできないこともあるのではないかと考えさせられました。これからもこの企画を続けてほしいです。

玉野市立日比中学校(岡山県)

私たちの政策提言
  • まだまだ補助金が足りないようなので、豊かな国が貧しい国を助けられるようにしたい。自分のお金で、少しでも他の国に協力できるのであれば、したい。
  • 僕たちが今日学んだことを知らない大人もまだまだたくさんいると思う。大人も、教育費とか軍事費とかについて考えたり知ったりする機会があったほうがいいと思う。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 自分が当たり前のように受けている教育は,多くの人の理解の上に成り立っていることなのだと思った。「学習するとこと」は「命を守ること」だというのが分かった。今、自分にできることは、もっと理解を深めて、積極的に募金活動に参加することだと思う。
  • 字の読み書きができないことがすごく不便だということが分かった。僕が生まれた日本は、とても恵まれているんだなと思った。当たり前のように勉強ができる環境で、当たり前のように勉強をしていない。もっと感謝の気持ちをもっていきたい。もっと勉強して世界に貢献できるような人になりたい。
  • 教育を受けられない人がたくさんいる中、どうして教育のお金より、ゲームのお金や軍事費がはるかに多いのか、とても不思議だ。ゲームのお金が多いということは、それだけ、世界のみんなが無関心すぎるからだと思った。軍事費にたくさん使っているのもとても情けない。軍が無くても、安全で、世界のみんながすごしやすい世の中に、人間はどうしてできないのか。

津山市立久米中学校(岡山県)

私たちの政策提言
  • 使わなくなった教科書を同じ言語を使っている発展途上国に無料で送付する。
  • 軍事費に使っている費用をすべて教育や医療、文化に使う。
  • この授業のようなことをたくさんやって、みんなに今の世界の様子を知ってもらう。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 驚いた理由は学校にも行きながら仕事をしている子ども達がいて、一日に3・4時間の睡眠時間で、体にも負担になることを知ったことだ。校舎のないところで授業をしていて、病気になる子どもが多いことが心配。仕事をしていても自分で使えるのは40円しかなく、遊ぶことも自由がなく、可哀想だと思った。自分にできることは、このような現実があることを知り、まだ知らない人たちに伝えることや募金に協力することだと思う。
  • 世界が軍事に190兆円も使っていることなどがわかりびっくりした。そんなことにお金を使うなら、もっと良いことに使ったらいいなと思った。だから、もし募金ボックスがあるなら少しだけでも協力したいなと思った。
  • 今日の授業を通して、世界には勉強がしたくてもできない人がたくさんいるのに、授業中に寝ている人や他の人と関係のない話をしたりしている人がいるので、時間とお金を無駄遣いしているし、何より勉強したくてもできない人に失礼だと思ったので、自分から今まで以上に集中して授業を受けようと思った。

広島修道大学堀田ゼミ(広島県)

写真
私たちの政策提言
  • どの国にも教育を受ける権利、学習権を保障、充実させてほしいです。
  • 政治家の給料を減らして、GPE基金にもっと拠出し、お金を送るだけでなく、ランドセル、文房具等の物資を送ったり、教員養成機関の設立をしてほしい。
  • 安心して学べる環境、通学し易いように、スクールバスの整備をしてほしい。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 世界中の子どもたちが、学びたいことを学べるような、そういう世界にしたい。

広島市立白木中学校(広島県)

私たちの政策提言
  • 私たちが真剣に学習することが、世界の識字率アップに、将来貢献できることと思います。

呉港高等学校(広島県)

私たちの政策提言
  • ODA(外貨準備金から回す額)の増額
  • 教育支援をし、対象の子供たちが働くようになってから一部を還元してもらう制度を設ける
  • 教師を育てる人を途上国に派遣し、教師を増やしてほしい
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 豊かな国が貧しい国のことを思いやる気持ちを大切にしたい。

参加者の感想 四国

高知県立大学オックスファムクラブSociety For Everyone(高知県)

写真
私たちの政策提言
  • 世界の教育の現状を学ぶ機会を持つ
  • 世界中に継続した教育を提供する
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 人に伝えることはすごく難しいと感じました。しかし、教育の現状を私たちが知り、自分が教育が受けられることが当たり前ではないこと、教育を受けた私たちにできることを考えていくことはとても必要だと思います。

参加者の感想 九州

北九州市立花尾中学校(福岡県)

私たちの政策提言
  • 政策を提言するよりも、まずは、「私たちが世界の子ども達の現状について理解することが大事だ」というのが、今回の結論です。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • 私は「世界一大きな授業」と聞いて、「少し面倒くさいなぁ、」と思ってしまいました。今考えたら「何てことを思ったんだろう」と、とても反省しています。こんなにも一生懸命に生きて、とても頑張って生活している人たちに本当に悪いことをしたなと思いました。
  • 彼女たちに食べものをわけてあげたくても、お金をあげたくても、今の私にはそれはできません。今の私にできるのは、「彼らのような人が世界にたくさんいることを知っておくこと」。それを知った上で「自分が普通に生活できていることは普通じゃないということを認識し、自分ができることを毎日全力でしていくこと」だと思います。
  • 経済的に苦しい家庭、子どもが世界にはまだたくさんあることを頭では理解していたつもりだったけど、自分の無力さに気づいた。親が学校に行けなければ、収入も少なく、その子どもも学校に通えない、その連鎖はどんどん続いていく。私は将来、そういう人のために何かをしたいと思う。

参加者の感想 海外

LOOB(フィリピン)

写真
私たちの政策提言
  • 学校の授業料、入学料を無償にすること。私たちの国フィリピンでは多くの生徒が経済的な理由で大学を卒業することができないということを踏まえて、大学までの授業料を無償にするという意見がほとんどの生徒の意見でした。無償で学校に行くことによって、レベルの高い授業を受け、よりいい仕事につくことでこの国がよくなるという意見を持つ子ども達もおりました。また、学校が無償になることで、貧困で苦しむことがなくなり、この国が平和な国になるという意見もありました。
  • 学校の設備の充実。学校での教材、椅子、教室の不足がフィリピンでは大きな問題で、しっかり学習できる環境を提供することでひとりひとりの能力を向上させ、いい仕事につくことにつながるという意見が多くありました。また、その次に図書館施設の充実も不足しており、全ての学校に十分な本があることでより多くのことを身に付けられるという意見も多くありました。
世界一大きな授業をやって思ったこと・考えたこと・感じたこと
  • SDGsのうち教育の一部分しか授業で触れることができなかったこと。SDGcの目標のうち世界一大きな授業では教育の部分についてのみに触れていたのが残念という意見がありました。SDGcの貧困、福祉、ジェンダーに関しての知識についてもクイズに入れたりすることで、世界の色々な問題に触れることができたらよかったなと感じました。また、様々な年齢の子どもたちがいたため、アクティビティ1、2、7の実施となりましたが、教育いう論点でも識字にしか触れることができなかったという意見もありました。
  • 世界の現状を知り、自分の意見を述べるということ。今回、フィリピンで世界一大きな授業を実施させてもらって大きく感じたことがあります。それは、子どもたちが学校の環境に不満を抱えていること。多くの子どもたちの手紙で学校の教室の机や椅子や図書館での本を充実させることを書いておりました。また、家庭の事情で学校に行けなくなる子もいるコミュニティであるため、学校の授業料を無料にしてほしいという意見も多かったです。今回の授業を通じて教育の大切さに触れることができたのと同時に、教育がこの国を経済をよくするという意見もあり、この活動を行った意義があったのだと強く感じました。

「世界一大きな授業」に参加する

寄付のお申し込みはこちら